うっかりドーピングに気を付けろ!!!

  • 2017.06.12 Monday
  • 20:56

 

 

 

最近は、1日に1000を超えるアクセスが続き、

 

 

 

非常に多くの方に見ていただけていることを嬉しく思っております^^

 

 

 

しかし、その反面、

 

 

 

あまり適当なことは書けないなと、

 

 

 

少し緊張感を持つようになりました。笑

 

 

 

また、いつもTwitterやFacebookにて、

 

 

 

RTやシェア、いいね!をしていただいている方々には非常に感謝しております。

 

 

 

今後とも、魂を込めて書いていくので、どうかよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 

 


今日は、世界アンチドーピング機構(WADA)から、

 

 


私宛に記事の依頼が来たので、お金を貰って書いています。(嘘です)

 

 


なぜ、今回ドーピングの記事について書こうかと思ったのか、というのも

 

 


最近、私の知っている選手で「うっかりドーピング」をしてしまい、

 

 


試合に出られなくなってしまった、という話を何件か耳にしたからです。

 

 


私自身、ドーピング検査自体を受けたことはないのですが、

 

 


このような話を聞くと、他人事ではないなと感じます。

 

 


今回は、私自身がドーピングに対する知識を深めるとともに、

 

 


みなさんにも共有し、防止と対策をしてもらいたいなと思います。

 

 


実際に、日本では2006 年以降にドーピング検査件数が増加し、

 

 


それに伴って、ドーピング検査陽性の事例も増加したようです。

 

 


しかし、これらのほとんどは「うっかりドーピング」だそうで、

 

 


選手はこの「うっかりドーピング」でも制裁を受けることになります。

 

 


というのも「薬物服用の原則」として、

 

 


最終的な責任は「アスリート自身」にあるからです。

 

 


しかしながら、風邪でも、ケガでもないのに試合に出られない、

 

 


というのは、あまりにももったいないですよね。

 

 


本当にドーピングする気がなくても、

 

 


「うっかりドーピング」に引っかかってしまっては元も子もありません。

 

 


ですので、今回は実際に陽性反応が出た物質のベスト3を紹介しておきます。

 

 


1.病院でもらう薬(医療用医薬品)
2.市販薬(薬局やドラッグストアで買える薬)
3.サプリメント

 

 


みなさんも一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

 

 


サプリメントについては、今現在使っている人も多いのではと思います。

 

 


しかし、これに該当するすべての物質が、常に×というわけではありません。

 

 


というのも、禁止物質は、3つに分類されるようで、

 

 


1. 常に禁止されている物質 (使ってはいけない)
2. 競技会において禁止される物質(大会期間中だけ禁止)
3. 特定の競技において禁止される物質 (該当競技以外の選手は使ってOK)

 

 


2、3のように、いつも薬を使用してはいけないわけではないものもあります。

 

 


また、例外として、TUE申請(治療目的使用に係る除外措置)をすることによって、

 

 


JADAのTUE委員会で審査、承認されることにより、

 

 


禁止物質・禁止方法を用いても違反にならなくなる場合があります。

 

 


ただし、TUEが承認されるためには、様々な条件を満たさなければなりませんので、

 

 


もし申請される方は、JADAのHPをしっかりと確認してから申請してください。

 

 


また、自分の薬がどれに該当するのか、また使用して良い時期なのか、

 

 


という判断は、専門家でないとわからないと思います。

 

 


ですので、必ず医師や薬剤師、スポーツトレーナーなどに確認してから薬を使用するようにしてください。

 

 


現在、アスリートにとって、

 

 


ドーピング

 

 


とは切っても切り離せない問題となっています。

 

 


正しい知識と、対策法を理解するとともに、

 

 


ドーピングに対して、

 

 


常に自分にも降りかかるかもしれない

 

 


という認識と危機感を持っていただけたらと思います。

 

 


最後は、JADA公式認定マーク(このマークのあるサプリメントはドーピング違反とならないことが確認されている)

 

 

 

を見ていただきまして、終わりにしたいと思います。

 

 


 

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

大前提として理解してもらいたいこと

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 22:10
昨日の記事「他のスポーツを取り入れる」では、





非常に多くの反響があり、とても驚いています。(1日で1500PVほどありました)





おそらくツイッターで有名ランナーが私の記事をシェアしてくださったことで、





多くの方々に読んでいただけたのだと思います。





やはり影響力のある人の力はすごいなぁと強く感じました。





では、少し遅くなってしまいましたが、今日の記事を書いていきます。





私自身、こうして様々な技術を発信していますが、勘違いしてほしくないことがあります。





それは、





「技術は手段であって目的ではない」





ということです。





私がいつも書いている技術は、強くなる過程で自ら気づいたことや、





人から教わったものを、何度も何度も試行錯誤しながら掴んだものです。





それを一朝一夕で手に入れられるものだと勘違いしたり、





手に入れば同じタイムで歩けると思ったら、





それは間違いです。





まず先に「速くなる」という前提があり、





その過程で「技術」が身についてくる。





という理解をしていただきたいなと思います。





何度も言いますが、技術に速さがついてくるわけではなく、





速さに技術がついてくる





といった感じです。





なら、お前の発信していることは意味ないじゃないか。





と言われてしまいそうですが、





私自身が思うのは、その人のレベルに応じたヒント(技術)を与えることによって





よりスムーズに、効率よくレベルアップしていけると思っています。





このブログの記事では、断片的かつ、習得レベルもバラバラになっていますので、





実際、誰がどの技術を習得したら良いのかは非常に分かりにくいと思います。





ですが、そのために練習会という場を設けています。





練習会に来ていただければ、その人のレベルにあった技術やアドバイスを私自身が見て、提供することができます。




また、「このような科学的な実験結果から、こうしたら速くなる」





というのをよく耳にしますが、




実際のところ、本当の最先端は現場なのだそうです。





なので、情報をただ享受するだけではなく、





現場に来て学び、自分に合った新鮮な情報を手に入れて欲しいと思います。





では、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

他のスポーツを取り入れる

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 21:34
th.jpg


今日は、仕事を終えた後、職場の方々とフットサルをやってきました!





久々のフットサルだったということもあり、ボールに遊ばれてばかりでしたが、





ゴールを何本か決めることもでき、非常に楽しかったです。笑





では、前置きはこの辺にしておいて、、、





今日は、競歩以外の「他のスポーツを取り入れること」についてお話しします。





私自身、前置きで書かせていただいたように、





あえて競歩以外の競技に関わる時間を作るようにしています。





それはなぜかというと、





競歩と全く関連性のないスポーツに取り組むことによって





様々な筋肉を使うことができるからです。





競歩だけでなく、特に陸上競技では、同じ動作・同じ筋肉ばかり使ってしまう傾向があります。





それは競技特性上、仕方のないことなのですが、





そうすると、使わない筋肉はどんどん固まっていってしまいます。





そうなってしまうと、筋肉の状態や血流が悪くなり、





疲労の抜け具合や身体のキレが悪くなってしまいます。





また、大学のある講義で、





「ある競技と全く関係のない動作を取り入れることで、神経伝達組織が発達する」





という論文が紹介されていました。(論文名は忘れました笑)





これは、さまざまな動作や新しい動きを取り入れることによって、





新たな動作や技術の獲得をスムーズにできる、と解釈できると思います。





みなさんも競歩だけでなく、ほかの競技も意識して取り入れてみてはどうでしょうか。





サッカー、バスケ、テニス、卓球などなど、、、





ほかの競技であれば何でもいいと思います。





ただ、くれぐれもケガだけには注意して行ってくださいね。





では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

sponsor

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM