「肩振り」になっていないか?

  • 2018.05.21 Monday
  • 21:00

 

 

いよいよトラックシーズンが始まり、各地区の実業団、インカレ、県高校総体などといった大会が開催されていますね。

 

 


また、それに伴い、様々な競技で好記録が続出しているようです。

 

 


特に競歩界では、先日行われた北陸実業団5000mWにて、今年東洋大を卒業し、福井スポーツ協会所属となった及川選手18分54秒21という好記録で優勝しています。

 

 


また、東日本実業団では、富士通の高橋選手19分10秒14で優勝。

 

 

 

4連覇を達成した模様です。

 

 


今回私はエントリーしておりませんが、徐々に体力を戻してきており、6月の頭の記録会をシーズンのスタートとして取り組んでいく予定です。

 

 


また、最近は練習会の周知をブログにアップしていませんでしたが、相変わらず、毎週土日のどちらかで開催しており、山形の高校生から社会人まで、幅広い年齢で一緒に練習しております^^

 

 


もし参加希望の方や興味があれば、お気軽に連絡をください^^
 

 

 

 

 


では、本日の記事です。

 

 

 

 


競歩初心者〜中級者によく見られる動作なのですが、「肩振り」をしてしまっている選手が数多く見受けられます。

 

 


肩振りというのは言葉の通り、「腕ではなく、肩が振れてしまっている状態」のことで、この状態だと、腕振りの振り子動作によって発生する推進力が小さくなってしまい、動作として非常に非効率的になってしまいます。

 

 


また、肩が振れてしまうと、上体が上下動しているように見えてしまい、ロスオブコンタクト(浮き)の違反を取られやすくなる傾向があります。

 

 


そのため、肩振り動作は、非効率的であるだけでなく、歩型違反にも繋がりやすいことから、改善すべき動作であると言えます。

 

 


また、肩振りをしてしまっている人が持ちやすい勘違いとして、

 

 


肩を振ると腕振りの可動域が大きくなる


肩を振ると、腕を「振っている感」がある


肩を含めた上体を振ることによって腰が「動いている感」がある
 

 

 

という点です。

 

 


確かに、肩を振ると可動域が大きくなり、腕を大きく振れているような感覚を持つと思います。

 

 


また、上体をひねることによって、腰が動いていると勘違いしがちになります。

 

 


しかし、腕を振っている範囲が、ただ大きくなっても、それが力や推進力に変換されなければ意味がありません。

 

 


よく「もっと腕を大きく振れ!」「腕で前に進め!」と指導されている方がいますが、これは正しいようで正しくない場合が多いです。

 

 


この指導の場合だと選手は、

 

 


腕を大きく振ろう
     ↓
 「肩も使ったら、より大きく振っているように見える(感じる)かも?

 

 


となり、選手に間違った勘違いをさせてしまう可能性が考えられるため、このアドバイスはあまり適切ではないと感じています。

 

 


ではどのようにしたら良いでしょうか。

 

 


まずは肩振りをしてしまっている状態の例です。

 

 

 

    ↑進行方向↑

 


これは身体を真上から見た図ですが、頭の中心軸を起点に、上体を回転してしまってるような状態が、典型的な肩振りの例です。
 

 


次に、良い腕振りをする際のポイントです。

 

 

 

    ↑進行方向↑



 この時のポイントは、肩の付け根を起点に、腕を「前後に振る」ということです。

 

 


私の場合は、こぶしが一本の直線上(赤線)を常に前後するイメージを持って歩いています。

 

 


このとき、どうしても肩が振れてしまう、という人は上半身の体幹や補強等を入れる、また、腕振り自体を少しコンパクトにしてみるリラックスして腕を振るといった工夫をしてみると良いと思います。

 

 


特に、レース後半の疲れてくる場面では肩振りになってしまうことが多いです。

 

 


しかし、疲れている時ほど正しい腕振りを意識して、効率的に歩くことを心がけてみてください。

 

 


ただ、闇雲に大きな腕振りをするのではなく、「自分がコントロールできる範囲での腕振り」をすることを意識してみてください。

 

 

 

では最後に、私が昔からお手本にしている鈴木雄介選手のフォームを紹介して終わりにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

腕がしっかりと振れている上、全く上半身にブレがなく、つい見とれてしまうフォームですね。

 

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

 

 

競歩用のシューズについて

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 20:54




少し前の話になりますが5/5〜6に中国・太倉で行われた「第28回世界競歩チーム選手権」で日本人選手が快挙を成し遂げましたね。

 


男子50kmは荒井、勝木、丸尾の三選手が表彰台を独占、20kmでは池田選手が金メダルを獲得!

 

 

50km、20kmともに団体金メダルを獲得した、ということで、非常に素晴らしい結果を残しています。

 

 

今大会では、荒井選手のようなベテラン選手の活躍と、池田選手のようなルーキー選手の活躍が見られ、幅広い世代で戦えることを証明できた大会だったのではと思います。

 


また、男子50km競歩は日本のお家芸になりつつあり、東京オリンピックに向けて着々とメダル候補筆頭の種目になっていると思います。

 


今後も競歩という種目が、より多くの方に注目されるとともに、より多くの方に応援していただける競技になっていくといいですね^^
 

 

 

 


では、本日の記事です。
 

 

 

 


以前、競歩用のシューズについて記事を書きましたが、

 


その記事は今でもアクセス数を伸ばしているようで、競歩のシューズについて疑問を持っている人や悩んでいる人が多くいることを感じています。

 


そのため、今日は、今まで競歩用に使ったシューズの紹介をするとともに、どこにポイントを置いてシューズ選びをするべきかについてお話ししたいと思います。

 


私が競歩を始めた当初(高校1〜2年生)は、並行して長距離走も全力で取り組んでいたので、Jogやある程度のペース走練習はクッション性があり、底が厚く、足の負担が少なくなりそうなものが、最も適していると思っていました。

 

↓昔jog用などに使っていた底の厚いシューズの例↓

 


そして、レースやインターバルなどのスピード練習用としては、底が薄くて軽いアシックスの「ジャパンテンカ」(現在廃盤。風で飛ぶほど軽い)

 


ストロールでは、底の厚いジョギングシューズ、ペース歩では、「ターサージャパン」、「スカイセンサージャパン」などを履いており、アシックスを中心に愛用していました。

 

 

↓ターサージャパン↓

 

 

 

↓スカイセンサージャパン↓

 


しかし、日本トップ選手多くがミズノを履いていることを知り、そこから影響を受け、私もミズノのシューズを履くようになりました。(ミズノの良い客になっています)

 


初めて購入したミズノのシューズは、「ウエーブクルーズ」というシューズでした。

 

 


非常にソールが薄い上、ソールがフラットに作られていたため、歩きやすそうだと思いましたが、実際に練習で使ってみると靴の屈曲性があまりなかった(靴に力を加えたとき、曲がりにくく、硬い)ため、履き始めは歩きにくさを感じたのを覚えています。

 


また、練習用のシューズとしてウエーブスペーサーGLというシューズも購入しました。

 

 


これは屈曲性があり、ソールが厚すぎず、歩きやすかったのを覚えています。競歩選手にも愛用者が多く、多くの選手が試合・練習問わず、よく履いていました。

 


しかし、私が大学半ばあたりの頃に、モデルチェンジされ、ウエーブスペーサーGLは廃盤になってしまいました。

 


その後継型?として登場したのが、現在愛用している「ウエーブエンペラージャパン」になります。

 

 


ウエーブエンペラージャパンは練習用で使っていたウエーブスペーサーGLとウエーブクルーズの特徴を7:3で取り入れて作ったような印象を持っています。

 


私がウエーブエンペラージャパンを実際に履いた感想は、


・ソールは薄すぎず、厚くない。
・ソールの屈曲性(硬さ)は硬すぎず、柔らかすぎない。
・ソールはほぼフラットで歩きやすい。
・ミズノなので、履き慣れており、サイズ感はGLとほぼ同じ。

 


初めて練習で使ったときから、良いシューズだな、と感じたのを覚えています。

 


また、ウエーブエンペラージャパンと、もう一つ、「ウエーブエンペラー」があり、特徴が少し異なっています。

 

 


両方試しましたが、どちらも良いシューズだと思いました。

 


ただ、私自身が感じた印象としては、
ウエーブエンペラー・・・安価でソールが若干硬く、少し厚い
ウエーブエンペラージャパン・・・少し高価でソールが柔らかく、薄い

 


金額に関わらず、自分の好みと履き心地で選ぶと良いと思います。

 


現在、私は練習兼試合用としてウエーブエンペラージャパンを愛用しており、ジムでランニングや筋力トレーニングをする際の室内用としてウエーブエンペラーを愛用しています。



色々と書きましたが、私なりの競歩シューズを選ぶ上のポイントをまとめると、

 


ソールが薄い(厚すぎない)ものを選ぶこと
ソールがフラット足裏全体が足に付くこと
屈曲性のあるもの
足に合っているもの(メーカー)を選ぶこと

 


4つ目の「足に合っているもの(メーカー)を選ぶこと」と書きましたが、これは各メーカーによってシューズの形や作り、履き心地に違いがあるためです。

 


メーカーによる、主な作りの違いについて書いておきます。

 


・アシックス(日本人向け) 足の甲の部分が低く、幅が広い
・ミズノ(日本人向け) 足の甲の部分が高く、幅が広い
・ナイキ(欧米人向け) 足の甲の部分が低く、幅が狭い
・アディダス(欧米人向け?) 甲の部分の幅が狭い

 


メーカーやシューズの種類によって、ワイドタイプなどがあるため、一概には言えませんが、大まかにこのような特徴があるようです。

 


実際に、試し履きをして、自分の足に合うシューズを選ぶと良いと思います。

 


また、私は、ネットでよく購入しますが(同じ靴しか買わないため)、もし買い替える際に、シューズメーカーを変えたり、サイズの変わりやすい高校生などは、毎回お店に足を運んで、シューズの試し履きをしてから購入した方が間違いないのではと思います。

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。



★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

競歩における練習メニューの考え方と例 

  • 2018.04.26 Thursday
  • 20:45

こんばんは。

 

 

先週から今週月曜日にかけて、愛知県におりました。

 

 

そのときに、私の原点でもある、愛知県の競歩教室に参加させていただきました。

 

 

 

 

愛知競歩の賑わい、また今も変わらず熱心に指導を続けられている斉藤コーチには感服しました。
 

 

愛知の競歩教室はどこか安心感があり、また、私が思う山形競歩の目標でもあります。

 

 

選手としての視点だけでなく、指導側の者としても、非常に勉強になり、とても有意義なものになりました。

 

 

また参加できる機会があれば、ぜひ参加させていただきたいなと思っています。

 

 

 

 

 

そして、4月21日には山形県の強化記録会がありました。

 

 

私は出場できませんでしたが、いつも練習会に参加してくれている選手の多くがベストを更新していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、私の指導力のおかげですよ( ̄∇ ̄)v ドヤッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことは一切思っていませんが、(練習会中、私は本当に何もしていないので笑)

 

 

山形の競歩選手が共に練習し、切磋琢磨できる「場」を作った価値は少しでもあったかな、と思っています。

 

 

しかし、こんな風に余裕をこいている私ですが、自身も負けないように(裏では)全力で頑張ってます。

 

 

より上を目指してお互い頑張っていきましょう^^

 

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

競歩を始めたばかりの頃は、どのような練習メニューをこなしたらいいか分からない人は多いのではないでしょうか。

 


特に競歩を指導してくれる人がいなかったり、周りに競歩選手がいない場合は、見本にすべき対象がないため、どうすればいいか分からない人は多いと思います。

 


私自身(高校生の頃)の場合は、主に長距離走組と並行して練習を行っていたため、監督が長距離のメニューを競歩用に変換したものを行っていました。

 


例えると、時間走の場合は、40分jog→40分walkに、距離走の場合は、10000mペース走→8000mペース歩に変換して、練習終了時間が大体同じになるようにメニューを行っていました。

 


なので、長距離の練習と競歩の練習は別物と考える人がいますが、基本的には同じ考え方で良いと思います。

 


また、私の場合は長距離走組と並行しており、高校の下校時間もありましたので、ある程度限られた時間内で終わらせる必要がありましたが、単独で動けたり、練習内容や時間を自由に決められる環境がある人は、この限りでなく、時間や距離に幅を利かせてもよいと思います。

 


以下が、私が実際に行っていた高校3年時(6月)の練習内容です。

 


月 朝  25分 or 4000m st

  午後 マッサージ15分


火 朝  25分 or 4000m st

  午後 40分W+10分jog 200m*5インターバル


水 朝  25分 or 4000m st

  午後 1000m*4(4分30秒〜20秒)8分set


木 朝  25分 or 4000m st

  午後 30分W


金 朝  25分 or 4000m st

  午後 40分W 流し*6

 
土 午後 1000+2000+1000(4分30秒/9分00秒/4分25秒)


日 完全休養 

 

 

この週は日曜に記録会(5000mW:21分30秒程)があったため、落とし練習から入っています。

 


この練習ができればこのタイムが出る、と一概には言えませんが、参考の一つとしていただければと思います。

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになってます!!★

 

 

常にオープンマインドでいること

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 20:51

 
 

みなさんこんばんは。

 

 

最近「スタンディングデスク」を取り入れました。

 

 

スタンディングデスクというのは、座って作業をするのではなく、立って作業ができるように、普通の机より高く設計された机のことです。

 

 

 

 

職場、家でもスタンディングデスクで作業をしているのですが、これがとても調子が良い^^

 

 

興味があればぜひみなさんも試してみてください^^

 

 

では、本日の記事です。

 

 

これは、これは世界No.1テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手の著書で書かれていた言葉を引用したもので、オープンマインド(開かれた思考)でいることの重要性について私自身も共感できたので、今回はこれについてお話したいと思います。

 


オープンマインド」とは・・・

常に新しい手法やアイデアを求め、それを拒否しない状態

 


のことを言います。

 


いつも同じやり方や決まりきったものに捉われるのではなく、常に、もっといい方法はないだろうか、
 もっと効率のよいものはないか、こうしたらいいのではないか、というように、新たな手法を求める状態のことです。

 


新たなことを取り入れ、常に変化していくことが重要だと説かれていました。

 


ここで、私なりに科学的根拠を持って、なぜ新しいことを求めることが大切か」ということについて考察したいと思います。

 


まず、脳というのは、同じことを繰り返ししていると「飽きる」という性質があります。

 


最初は「めちゃくちゃ楽しい!」と思っていた某アプリも、何度も何度も繰り返しやっていると、当初感じていたあの胸の高まりは何だったのか?

 

 

というように、いずれは飽きがきて、やめてしまいますよね。笑

 


これは人間の脳の性質上、どう頑張っても仕方のないことなのです。

 


で、話を戻すと、飽きの状態がくると、どういうことが起きるかというと、そのことに対してやる気がなくなります。

 


やる気がなくなると、物事に対するパフォーマンスの質が低下し、継続力が失われがちになります。

 


アスリートにとって継続力が失われ、パフォーマンスが落ちる、というのは死活問題なのです。

 


よって、飽きから招かれるパフォーマンスの低下を防ぐために、
 「
オープンマインドの状態で、新しい手法を取り入れること
 が重要になる、という訳です。

 


定期的に新しい手法を取り入れ、常に脳を新鮮な状態に保ってあげてください。

 


だからといって、大きく変える必要はなく、冒頭に書いた、職場にスタンディングデスクを取り入れてみたり、いつもは行かない場所に行ったり、普段しないトレーニング方法やスポーツを取り入れる、といったことで良いのです。

 


今のトレーニングや日常がマンネリ化してしまっている人や選手は、オープンマインドで新たな物事を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっております!!★

 

競歩のトレーニングとして走る練習を取り入れるべきか?

  • 2018.04.12 Thursday
  • 21:25

 

 

みなさんこんばんは。

 


おサボりの天才、山形競歩ブログの管理人です。

 


長い冬も終わり、雪も溶け、山形も春らしくなってきました。

 


近所では少しずつ桜が咲き始め、ランパンでトレーニングできる暖かさになってきました。

 


最近は、失った体力とスピードを回復させるために日々励んでおり、15kmを5’00”/kmくらいでは歩けるようになりました。

 


ところで最近、少し嬉しいことがありました。

 


高畠大会のコース付近でゆっくりとストロールをしていたところ、近所の小学生3人組が、私の隣を真似してついてきました。笑

 


腕をしっかり振りながら競歩する姿を見て、さすがは競歩の町だなぁと。

 


100mほどでしたが、笑顔で楽しそうに競歩する小学生を見て、なんだか幸せな気持ちになりました^ ^

 


「またな〜^^ノシ」と言ってお別れしましたが、少しでも競歩を楽しんでもらえてよかったなと。

 


未来の競歩選手になってくれることを期待しています。^ ^

 


では、本日の記事です。

 


かなり時間が空いてしまいましたが(約4か月前でした^^;)、以前の記事の続きについて書きたいと思います。



以前の記事では、私なりに感じている「競歩と走力の相関関係」について書き、走力と競歩は相関が高い可能性があることを説明しました。

 


そして今回の記事では、実際に走る練習を取り入れるべきか?ということについて書いていきたいと思います。

 


まず、結論から言うと、「走る練習を(場合に応じて)取り入れるべきである」と思っています。

 


ちなみに、ここでの「走る練習」とは、つなぎ練習としてではなく「走力を高めるトレーニング」であることを前提としてお話しします。

 


また、「場合に応じて」と書いたのは、走る練習のメリットはあるものの、個人的にはデメリットの大きさも同等(もしくはそれ以上)であるとも考えているからです。

 


なので、無鉄砲に、ただ走力を高めるトレーニングをすればいい、ということではなく、メリットとデメリットを理解した上で、走る練習を取り入れるべき人と、そうでない人を分ける必要があると思っています。

 


では、どのような人が走る練習を取り入れるべきで、どのような人が取り入れるべきでないかをお話したいと思います。

 


まず、「走る練習を取り入れるべき人」についてです。

 


走る練習を取り入れるべき人というのは、主に「パワー不足を感じている人」です。

 


体力面において、ハイペースで歩くことができない(流し等でもスピードが出せない)ような人は、根本的な脚の筋力が不足している可能性があるため、走ることによる「脚筋力の強化」が効果的であると考えられます。

 


競歩の力を高める土台として、スピードと持久力をつけたい場面では、走力を高めることにより、競歩におけるパワーアップが期待できるということです。

 


そして、反対に「走る練習を取り入れるべきでない人」というのは、歩型違反を取られる(取られやすい)選手です。

 


というのも、走ることによる最大のデメリットとして、歩型違反のクセが付いてしまうことが考えられるからです。

 


レースでよく歩型違反を取られてしまうような選手だと、余計に歩型を悪化させてしまいかねないため、今回私が考えている「走力を高めるトレーニング」というのは、あまり効果的ではないと思っています。

 


したがって、「歩型違反を取られず、歩型水準がある程度高い人」には走力を高める練習は効果的であると考え、

 

 

違反を取られやすい人」というのは、まず、歩型の修正を優先的に取り組むべきだということです。

 

 

なので、まずは自分が今、どのような状態にあるのかをしっかり把握した上で、「走力を高めるトレーニング」を取り入れるかどうかを検討していただきたいなと思います。

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

sponsor

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM