モチベーションが上がらない原因として疑うべき2つの原因

  • 2018.08.18 Saturday
  • 20:34

 

 

 

第57回 全日本50km競歩高畠大会が開催されます。
申込・要項はこちら(申込は9/18まで)

 

 


今回、 高畠競歩では女子50km競歩を正式種目として採用しました。(日本初)

 

 


来年行われる、ドーハ世界選手権では、 女子50km競歩が公式種目になり、今回、高畠競歩はその代表選考レースにもなっています。

 

 


そのため、男女ともに50km競歩は、例年以上にハイレベルで、 熾烈な戦いになることが予想されます。

 

 


また、高畠競歩は、50km競歩だけでなく、 すべての種目で参加標準記録を設けておらず、中学生から一般人まで、 数多くの方が出場できる大会となっています。

 

 


なので、上級者だけでなく、競歩を初めたばかりの方や、 これから競歩を始めようと思われている方も、是非参加していただけたらと思います。

 

 


ちなみに、 私は今回50km競歩にエントリーすることにしました。

 

 


初めての試みで、不安な部分が大きいですが、 以前からやってみたいと思っていたので、 ここで一度チャレンジしようと思います。

 

 

 

もし、私と同じように50kmにチャレンジしてみたいと考えられていた方は、私と一緒に50kmに挑戦してみませんか?笑

 

 


ぜひ数多くの方のエントリーをお待ちしております!
(申込締切は9/18までです!)

 


 

 

 

では本日の記事です。

 

 


今日はモチベーションについての話です。

 

 


みなさんは、 練習や仕事に取り組むモチベーションを維持できているでしょうか

 

 


「最近全然やる気が出なくて」
「何をやるにしてもだるさを感じてしまう」

 

 


という人は少なくないのではないかと思います。

 

 


私も、やる気がなくて何もかも力が入らないときがあります。

 

 


ですが、 モチベーションが上がらなくなる主な原因を知っておくと、 その時の自分の状態を把握するともに、 行動によって対処することができるので、アスリートに関わらず、 役立つ知識になるのではないかと思います。

 

 


まず、 モチベーションを上がらない時の原因として第一に疑うべきは「疲れ」です。

 

 


疲れの原因として第一に考えられるのは、「睡眠」、時間・質はきちんと確保できているか?ということを確認してみてください。(質の高い睡眠をとるための方法については、「質の高い睡眠をするための4つの方法を参考にしてください。)

 

 


また、 良い睡眠ができているかを評価する、4つの指標をあげておきますので、チェックしてみてください。

 

 

 

・眠りに落ちるまで30分以内

・夜中に起きるのは一回まで

・夜中に目覚めたら20分以内に再び眠ることができる

・睡眠時間全体の85%以上は寝床を使っている(昼寝、通勤中の居眠りが15%以上でない)
 

 


そして、疲れの原因として第二に考えられるのは「食事」で、バランスの良い食事はとれているか?を確認してみてください。

 

 


食事面については今後、様々な記事を書いていく予定ですが、 まずは簡単に確認できる農林水産省の「食事バランスガイドを参考に、 今の自分は偏った食事になっていないかを確認してみるとよいと思います。

 

 

 

 

 

全ての食事を頭で覚えるのは困難なので、 スマホで食事の写真を撮る、ノートに食事記録を付ける、 といったことをすると、後から確認しやすく、 改善にも役立つと思います。

 

 

 

 


そして、疲れの次に、モチベーションを上がらない第二の原因として疑うべきは、「目的とやることが明確でない」ことです。

 

 


今挙げた疲れの原因2つが当てはまらない場合、 こちらを疑ってみるべきです。

 

 


今、あなたが取り組んでいることが「達成したい目標に近づいている感」が持てていない可能性があります。

 

 


もしくは、「目的がない」「達成したい目標がわかっていない」ことが考えられます。

 

 


もし、達成したい目標が決まっている場合は、

 

 


目標設定レベルが正しいかを判断する方法で書いた、「プロセスの組み立て方」が参考になると思います。

 

 


例えば、

試合で優勝したい→優勝するためにどんな練習が必要か→ その練習方法は達成可能か→ 達成可能ラインまで落とすor達成可能にするための準備をする→ どんな準備をしたらいいか?→筋力強化、バランスの良い食事、 質の高い睡眠、入念なケア→どうしたら効果的に行えるか?→ 詳しい人や達成した人に聞くor自分で調べる→ 自分にできるものを取捨選択→実行に移す

 

 


といったように、それを達成するための「具体的なプロセス」に落とし込んでみてください。

 

 


「目的がない」、「達成したい目標がわかっていない」ような人は、どんな小さなことでも良いので、目標を立てて、それを達成してみてください。

 

 


例えば、

 

 


「今日、部屋の掃除をする」という目標を立てる。

 

 


簡単ですね?笑

 

 


ですが、何となくめんどくさくなったり、ついついスマホを触ってしまって、なかなか決めたことが行動できません。なぜでしょうか?

 

 


それは「行動すべきことが明確に分かっていないから」です。

 

 


この目標も上記と同じように具体的なプロセスに落とし込んでみてください。

 

 


私がこの目標を達成できるように変換するならば、

 

 


部屋の掃除をする→全体を掃除するのは多いしめんどくさい→ とりあえず3分だけやる→3分でできるところは?→ 机の上だけ片づける→机の上の本だけ押し入れに入れる(2分)→ 机を水拭きする(1分)→終了

 

 


ここで目標達成なので、終了して構いません。しかし、 こういった経験はありませんか?

 

 


「もう少しやろう」という気分になって、気付いたら、 机の上だけ掃除する予定だったのに、床まで掃除し始めて、 なぜか全部掃除してしまっていた。

 

 


このような経験がある人は少なくないのではないかと思います。

 

 


まずは、具体的なプロセスに落とし込んで、 自分のできる小さなことに変換する

 

 


その小さなことが積み重なると大きなものに繋がる。

 

 


しかし、大きなものだけしか見ていないとやる気がなくなる、という感じです。

 

 

 

できる限り、やるべきことのサイズを小さくし、明確にすること。明確さは力なのです。

 

 

 

なので、みなさんがやる気がないのは、

 

 

 

疲れている
もしくは
今すべきことが不明確

 

 

 

という可能性が高いので、やる気があまり出ないときや、 やる気がなくなってしまった場合は、以上の2つを疑ってみてください。

 

 

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

 

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM