<< ストレスを対処するには根本となる3大原因を知っておくべし | main | 歩幅を作るための3つのアプローチ方法 >>
2018.09.14 Friday

前で歩幅を作ろうとしていないか?

0

     

     

    平成30年9月3日 読売新聞掲載

     

     

     

    昨年に引き続き、今年も読売新聞に掲載して頂きました。

     

     


    前回は関東版でしたが、今回は山形の地域版での掲載だったため、役場を含む、地元の方々に見て頂くことができ、非常に嬉しく思います。

     

     


    この一年間は、記事の更新や運営が中途半端になってしまうなど、苦しい時期もありましたが、このように評価して頂けるとやはり続けてきて良かったなぁと改めて実感します。

     

     


    今後も、より多くの方に読んでいただけるような記事を書けるように一層精進していくとともに、競歩の普及・強化に携わっていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

     

     

     

     

     

    では、本日の記事です。

     

     


    毎週の練習会で動きづくりを行っていますが、見ていると多くの選手が、足を前に出して前に進もうとしているように感じます。

     

     


    確かに、「前に進むために、足を前に出す」というのは当然のように思えます。

     

     


    しかし、競歩動作において、足を前に出すことによって歩幅を作ろうとすると、かえって非効率的な動きになるだけでなく、違反動作にもつながりやすくなってしまい、結果として前に進もうと思えば思うほど、前に進めなくなってしまう、という状態に陥ってしまいます。

     

     


    なので今日は、その理由について図を用いながら説明し、どうして足を前に出すことが良くないのか?ということを理解していだだき 、動作を改善する際の参考にしていただけたらと思います。

     

     


    まず、足を前に出すことによる問題点は主に3つあります。

     

     


    ‖が戻ることによる非効率性
    ▲屮譟璽動作
    接地時の前脚が高くなる

     

     


    まず、1つめの問題は足を前に振り出しても、接地する瞬間には、結局かかとの位置は足元まで戻ってきてしまう、ということです

     

     


    図にすると、このようになります。

     

     

     


    このように、足をいくら前に振り出そうとしても、最終的にかかとが接地する位置は、重心の位置(腰の真下辺り)か、 その少し手前になります。

     

     


    なので、足をその位置(腰の真下か、その少し手前)より前に振り出したとしても、結局戻ってきてしまうため、気持ちは前に進んでいても身体は前に進んでいない、という状態になってしまいます。

     

     


    よって、その分の動作・時間・力は無駄であり、これが足を前に出すことで動作が非効率的になってしまう1つ目の問題です。

     

     


    次に、2つめの問題はブレーキ動作を発生させてしまうことです。

     

     


    かかと接地をしなければならない競歩において、脚を前に振り出してから接地をすると、ブレーキがかかり、前に進む力が小さくなってしまいます。

     

     


    図にするとこのようになります。

     

     



    ランニングであれば、足を前に出した際に、つま先接地やフラット接地などの方法で対応できるものの、競歩においては「かかと接地」になるため、動作上、発生したブレーキを処理できません

     

     


    また、ブレーキが発生することに伴い、膝や腰にも大きな負荷がかかるため、関節を痛めたり、故障の原因にもなります。

     

     


    したがって、これも非効率性を誘発する要因の1つであると言えます。

     

     


    最後に、3つめの問題は、足を前に振り出すことによって、接地時のかかとの位置が高くなってしまうことです。

     

     

     

     

    これは、ロス・ オブ・コンタクト(浮き)の違反を取られやすい特徴の1つで、審判が浮きの反則を取る際の判断基準として、よく見ているポイントの1つです。

     

     


    特に、最近の世界の判断基準として、後ろ脚(離地時)の高さよりも、前脚(接地時)の高さに注目する傾向があるようで、後ろ脚(離地時)が高くなる要因の1つであるキック動作を抑えるよりは、 前脚の高さを低くすることの方が審判に浮きを取られないようにする対策として効果的である可能性が高く、それほど前脚の接地ポイントは重要となっています。

     



    以上の3点から、足を前に出す動作は非効率的であり、違反に繋がりやすい上、さらにはケガも発生させる可能性があることから、改善すべき動作であると言えます。

     



    長距離選手だった期間が長い選手や、走りの動作が染みついてしまっている選手ほど、足で前に進もうとしてしまう傾向があるように感じます。

     

     


    似た部分はあれど、使う筋肉や筋肉の使い方が異なるため、競歩の動作に変換させる難しさがありますが、その違和感が動作と一致したときには、タイムに大きく変化が現れるので、この傾向が出やすい選手は、ぜひとも改善しておきたい部分です。

     



    では次回の記事で「どう改善していくか?」について具体的な改善方法を書いていきたいと思います。

     

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

     

    応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM