<< 前で歩幅を作ろうとしていないか? | main | 長距離走のパフォーマンスを決定する3大要因 >>
2018.09.16 Sunday

歩幅を作るための3つのアプローチ方法

0

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

     

    以前の記事を投稿した直後、アクセス数が爆増していました。

     

     

     

    最初は、ブログのバグでカウントがおかしくなった?とか、誰かのいたずらでアクセスが増やされているんじゃ?と悪い予感がしていたのですが、理由はどうやらこれだったようです。笑

     

     

     

     

    毎度、記事の更新をTwitterとFacebookにて通知していますが、今回それをたまたま見た為末さんが読んで下さったようです。

     

     

     

    前回の記事「限界の「壁」を感じたときに試す4つの手段」でも書かせていただきましたが、尊敬する為末さんにこのように評価していただけたことは非常に光栄であり、ただただ嬉しい限りです。

     

     

     

    私自身、競歩の技術は競歩だけでなく、他の陸上競技にも共通する部分があり、有用なテクニックや理論が多く存在すると思っていますし、為末さんのような影響力のある方に共有していただけると、より多くの方に知っていただき、活用していただける良いきっかけになるのではと良い意味で期待しています。

     

     

     

    ちなみに今回のシェアの威力で普段の10倍以上のアクセスがありました(^^;)

     

     

     

    為末砲、おそるべし、、、(またよろしくお願いします。笑)

     

     

     

     

     

    では本日の記事です。

     

     

     

    前回の記事「前で歩幅を作ろうとしていないか?」では、足を前に振り出して歩幅を作ろうとするデメリットについて書きました。

     

     

     

    今回は、足を前に出さずして、どう歩幅を作るか?ということについて具体的なアプローチ方法を含めて書いていきたいと思います。

     

     

     

    ではまず、歩幅改善のために私が用いた3つのアプローチ方法です。

     

     

     

    ‖を前に出さない

    ∧睇は後ろで作る

    接地時の足首の使い方

     

     

     

    まず1つめは「足を前に出さない」という方法です。

     

     

     

    足を前に出さずして、どのように前に進むのか?という疑問が生まれますが、正確には「足を前に出そうとしないこと」です。

     

     

     

    ではどうするか?というと、私の場合は「足は真下(重心の位置)に振り出す」というイメージを持って歩いています。

     

     

     

    図にするとこのようになります。

     

     

    要するに、足をいくら前に振り出したとしても、結局のところ最終的にかかとが接地する位置は、重心の位置(腰の真下辺り)か、 その少し前になるため最初からその位置(重心の位置orその少し前)をめがけて接地すればいいということです。

     

     

     

    ただ、図もそうですが、真下(重心の位置)に接地している感覚があったとしても、実際に足が接地している位置というのは、イメージより少し前方になるはずです。

     

     

     

    というのも、歩きながら前に進むとと同時に、重心の位置も前に移動するためです。

     

     

     

    なので、みなさんが思っている以上に重心の位置は前であるため、真下、もしくは気持ち後ろに足を振り出してやるくらいがちょうど良い接地位置になる、ということです。

     

     

     

     

     

    2つめは「後ろで歩幅を作る」という方法です。

     

     

     

    前で歩幅を作るのではなく、後ろに足を残すことによって歩幅を作ります。

     

     

     

    後ろと前の比率は、人によって異なりますが重心線を起点にして、後ろ3〜2、前1くらいの比率がベストではないかと思います。

     

     

     

     

    ただ、ここで注意したいのが、後ろに足が残り過ぎれば、足が流れてしまい、スピードの低下を招くだけでなく、無理やり前に戻そうとする力が働き、キック動作に繋がる可能性がある、ということです。

     

     

     

    なので、この比率は一つの指標として参考にしつつ、上記の状態になってしまわないように残す足を調整することが重要なポイントとなります。

     

     

     

    少し難しく感じるかもしれませんが、動画を使いながら、自分の感覚と照らし合わせながら歩くと少しずつできるようになると思います。

     

     

     

     

     

    3つめは「接地時の足首の使い方」です。

     

     

     

    前に振り出すデメリットの一つとして「ブレーキ動作」がありましたが、これはそれを対処する方法です。

     

     

     

    この図のように、接地をした際に、足首が上がったまま(背屈状態)だと、膝を伸ばして接地しなければならない競歩では、足がつっかえ棒のようになってしまい、それがブレーキ動作としてスピード低下につながってしまいます。

     

     

     

     

    では、どうするか?というと、足首の脱力と、地面の形に合わせた足首の使い方がポイントになります。

     

     

     

    私の師である今村氏は「タイヤのような接地」という表現をされており、私もそのイメージを持って歩いていました。

     

     

     

    要するに、かかとで「ガツン」と地面に接地するのではなく、地面に対し、足の裏を丸みを持ったタイヤのような形をイメージしながら接地をしていく、ということです。

     

     

     

    少し分かりにくいかと思いますので、イメージを図にします。

     

     

     

     

     

    イメージとして、なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

     

     

     

    こうすることによって、地面から受けるショックを軽減し、発生するブレーキを無にはできないまでも、かなり大幅に軽減することができます。


     

     

    なので、接地時にブレーキが掛からないようにクッションを作りつつ、それを殺さずに推進力に変換する、というのがこの足首を使う上で非常に重要なポイントであり、技術が必要なポイントでもあります。

     

     

     

     

    以上の3つを押さえておくと、以前の記事で書いた、前で歩幅を作ろうとすることのデメリットである、

     

     

     

    ‖が戻ることによる非効率性
    ▲屮譟璽動作
    接地時の前脚が高くなる

     

     

     

    の3点を上手く対処できるのではないかと思います。

     

     

     

    ぜひ参考にしてください。

     

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

     

    応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM