フォームをチェックする上で意識していること

  • 2018.10.14 Sunday
  • 21:12

 

 

 

 

こんばんは、山田です。

 

 

 

10月8日〜14日の練習内容です。

 

月 レスト

火 40分st

水 30分st

木 サーキットトレーニング+HIIT

金 レスト

土 20分jog

日 20km

 

 

 

本日は弟子の井上君と二人で一緒に秘密練習をしていました。

 

 

 

二人とも、次の目標である高畠大会に向けて気持ちを切り替え、距離練習を行いました。

 

 

 

ただ、今週はレストメインで、強度も低めに落とそうと思っていましたが、やはり動かないと違和感があったため、何かしら動いていました。

 

 

 

今日の練習でも感じましたが、おかげでまだ疲労が抜けきっていないで模様です。。。

 

 

 

 

 

では本日の記事です。

 

 

 

毎週行っている練習会では、練習後に流しを撮影し、参加選手一人一人の動作をチェックしています。

 

 

 

本来であれば、練習中の選手の動作を見るべきなのですが、私自身も練習を行うため、別メニューを行う選手を含めたほとんどの選手の動作をチェックしきれていません。

 

 

 

なので、そういった理由も含め、実際に流しを行ってもらい、選手の動きの特徴を定期的に確認し、把握しておくようにしています。

 

 

 

そして、そのフォームをチェックする際に、私自身が見ている部分と意識しているポイントがありますので、今日はそれについてご紹介していきたいなと思います。

 

 

 

[匹ど分を見つけること

 

 

 

一つ目は良い部分を見つけることです。

 

 

 

完璧な動作をしている選手もいなければ、すべてがダメな選手もいません。

 

 

 

なので、「この選手の持っている良い部分は何か?」を第一に探すようにしています。

 

 

 

選手自身が自分の良い部分を認識できていないと、本来生かすべき部分と、改善すべき部分を見誤ってしまうことがあります。

 

 

 

そうなると、フォームを改善しようとしたときに、うっかり良い部分まで変えてしまう可能性があるため、それでは本末転倒になってしまいます。

 

 

 

良い部分の見つけ方はいろいろありますが、私がよく使うのはこの2つです。

 

 

 

例えば、他人と比較して良い部分なのか、以前の状態と比較して良くなっている部分なのか。

 

 

 

私がよく用いるのは、以前の状態と比較して良くなっているかです。

 

 

 

動きの変化というのは、意識をしている時間と比較すると、そう大きく感じられるものではありません。

 

 

 

しかし、確実に変化をしているんだよ、ということを他人の目を通じて感じることができれば、選手自身のモチベーションアップにもつながりますし、モチベーションが上がれば、レベルアップや何かを掴むきっかけになると思っています。

 

 

 

なので、良い部分を見つけられるようにするとともに、「変化を見つけられる力」というものを非常に大切にしています。

 

 

 

課題点を見つけ、それに対するアプローチを用意すること

 

 

 

二つ目は課題点を見つけ、それに対するアプローチを用意することです。

良い部分を見つけた上で、課題点を指摘します。

 

 

 

,砲盻颪い芯未蝓∋笋魎泙瓠完璧なフォームの人はいません。全員何かしらの課題を持っています。

 

 

 

ただ、課題点を見つける上で意識していることは、課題を見つけるだけで終わらないようにすることです。

 

 

 

どういうことかというと、問題を見つけるだけでなく、その改善方法をセットで用意する、ということです。

 

 

 

「お前はここが弱い、ここを直しなさい」

 

 

 

と指摘だけして終わるのではなく、

 

 

 

「じゃあどうすればいいの?」

 

 

 

の部分まで、一歩踏み込まなければならないと思っています。

 

 

 

多くの場合、選手自身も自分自身の課題は分かっていることがほとんどです。

 

 

 

ですので、指摘だけでなく、具体的なアプローチ方法を用意してあげることが指摘する側の最低限の責任であると思っています。

 

 

 

ただ、そうは言っても具体的なアプローチ方法が見つからない場合もあります。笑

 

 

 

なので、そのためにも選手だけでなく指導者の立場として、自身も常に研究し、勉強し続ける必要があると思っています。

 

 

 

 

失格するフォームであるかどうか

 

 

 

,鉢△茲蟠饌療な部分になりますが、選手自身のフォームが失格するフォームであるか?という点については特に厳しく見るようにしています。

 

 

 

これは見る基準を上げる、というより、失格するフォームであるならば、選手自身にそれをきちんと伝える、ということです。

 

 

 

逆に、多少フォームに気になる部分があったとしても、失格しないレベルであるならば、まずはそれで良しとしています。

 

 

 

確かに、良いフォームで歩くことは重要ですが、それ以前に「失格しないフォームで歩くこと」ができていなければなりません。

 

 

 

・フォームは美しくないけど、失格しないフォーム

・美しく見えるけど、失格するフォーム

 

 

 

では、前者の方が優先順位は上になることはお分かりいただけると思います。

 

 

 

なので、失格してしまうようなフォームの人は、ペースを落としてでも最優先に失格しないようなフォームを作り上げること。

 

 

 

失格しないフォームができたら、より無駄のない美しいフォームへ、それができたらより速く歩けるフォームへと移行する、というように1つずつ段階を踏んでいくことが重要だと思っています。

 

 

 

以上、フォームをチェックする際に私が意識している主な3点についてでした。

 

 

 

ただ、フォームをチェックする際に、改善策や技術を与えることも確かに重要ですが、それ以前に選手のモチベーションが高いことが必要不可欠である、というのは言うまでもありません。

 

 

 

いくら有用なテクニックを与えても、選手自身がやろうという気持ちにならなければ、そのテクニックは全くもって意味を持ちません。

 

 

 

私自身も選手として競技に携わってきましたが、モチベーションを高めることの重要性を身をもって実感しています。

 

 

 

ただ、モチベーションというのは完全にコントロールできないまでも、ある程度はコントロール可能であるということが分かっており、私自身も可能な範囲で取り入れています。

 

 

 

なのでそれについて次回、実際に練習会で行っている「モチベーションを高めるために行っていること」について書きたいと思います。

 

 

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

 

 

 

↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM