ストロールのペースとその考え方

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 20:03

 

こんばんは、山田です。

 

 


今年の山形は、雪が少なく、去年と比較すると非常にトレーニングしやすい状況であるなと感じています。

 

 


だた、気温は相変わらず低いので、ロングタイツとヒートテックを活用しながら、なるべく皮膚が風に当たらないように工夫をしながらトレーニングを行っています。

 

 


ただ、道路の路面凍結と、練習中にお腹が冷えてしまう問題をどう解決するか現在考え中です。笑

 

 

 

では本日の記事です。

 

 


今日は、「ストロールのペースとその考え方」についてです。

 

 

 

 

 


ストロールのペースについては、基本的に速すぎていけない、ということはありません。

 

 


ただ、上がり過ぎによって、フォームを崩してしまうことがあれば、少し抑えるべきでしょう。

 

 


また、私自身のストロールの位置づけの1つとして、ペースが上がったときに意識できなくなるような小さな部分や細かい部分を意識するようにしています。

 

 


例えば、


・お尻とハムを使って、後ろまできちんと支えられているか?
・体が垂直になったときに体重が腰にきちんと乗り込めているか?
・足裏全体の接地感覚はどうか?
 など

 

 

 


このような、小さな部分や細かな部分というのは、ペースが上がれば上がるほど意識できなくなります

 

 


というのも、遅い動作から速い動作に移行していく中で、細かい部分が徐々に省略されていくと同時に、無駄な動作や反則につながる動作も省略されていき、その細かい部分が、速い動きになったときに、「より効率的かつ、違反の取られない動作」を作る基礎的な部分となります。

 

 

 

結果、ハイペース時のフォームの乱れを整えることに繋がります。

 

 


このような、細かい部分の省略から生まれる洗練された動作というのは、細かい部分や小さい部分の積み重ねがあって、初めて生まれます。

 

 


ですので、質問者さんがどれほどの実力で、どれだけペースで歩いているか分かりませんが、普段、ペースウォークで歩いている程度の速度であれば問題ないでしょう。

 

 

 

しかし、レースペースに近いペース(もしくはそれ以上)で歩いてしまっているようであれば、少し抑えて、細かな部分に意識を置いて歩ける程度のペースまで調整することができると、より良いストロールができるのではないかと思います。

 

 


また、ストロールというと、「だらだら、ゆっくりと歩く」というイメージがありますが、それだけだと何の変化もない「単調な練習」になってしまいます。

 

 


なので、最後の5分間(約1km)を少しペースアップするなどし、動作やペースに変化をつけると、運動的にも良い刺激となり、動きとしても良い動作ができるようになっていきます。

 

 

 

今日の要点をまとめると、

 

 

 

.好肇蹇璽襪離據璽垢魯侫ームが崩れない程度で行う

 

▲好肇蹇璽襪任蓮▲魯ぅ據璽垢念媼韻任ない「小さく、細かな部分」を意識する

 

B度にちょっとした変化をつけて行うと運動刺激が加わり、良い練習になる

 

 

 

以上参考にしてください。

 

 

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

 

 

 

◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

 

 

 

↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM