<< 競歩用シューズとしてターサージャパン(アシックス)を2ヶ月履いてみた | main | デカトロン競歩用シューズ「RW900」のレビュー >>
2019.04.27 Saturday

低速域と高速域では動きが異なる

0

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

     

    GWに入りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

     

     

     

    ここにきて再びインフルエンザを含めた風邪が流行っているようです。

     

     

     

    気温の変化も大きく、4月の疲れも出てくる頃かと思いますので、体調には一層気をつけて生活していきたいですね。

     

     

     

    では、本日の記事です。

     

     

     

    今日は質問箱にあった質問の回答です。

     

     

     

     

     

     

    まず、低速域と高速域での動きは全く同じであるわけではありません。

     

     

     

    遅い速度では、、1つ1つの動きを意識し、細かな部分を正しいフォームで行うことができますが、速い速度になると、動作が省略されて、見た目として現れる良い動作は最低限となり、フォームの乱れや弱い部分は、より顕著に現れることになります。

     

     

     

    ですので、腕が引けないのは、速い速度になった時の動作の省略から起こったことで、脇に関しては、遅い動作での意識(技術)不足ではないかと感じます。

     

     

     

    遅い動作では、ゆったりと大きな腕振りを意識できるかもしれませんが、それと同様に速い動作でも同じように腕を大きくゆっくり振っていては、足と腕の動作が噛み合わず、動作として非効率的になります。

     

     

     

    ですので、腕振りを省略(効率)化し、多少なりともコンパクトな動作になるのは当然と言えます。

     

     

     

    ただ、遅い動作を軽視し、速い動作だけを重視すれば、雑な動きになってしまい、遅い動作だけを重視し、速い動作を軽視すれば、速く歩けない、ということになりますので、その両者の両立が非常に重要になってきます。

     

     

     

    また、脇が開いてしまうのは、余裕がないために開いてしまっている可能性がありますので、低速域での意識をより高めておく必要があるように感じます。過去の記事である「腕振りの目的を理解する」や「腕振りで脇が開いてしまう原因3つとその対処法について」、「「肩振り」になっていないか?」あたりが参考になるのではないでしょうか?

     

     

     

    また、ある程度の脇の開きであれば、そう気にする必要もないと思っています。私も脇を締めることばかりを意識していた時期がありましたが、あまり脇を締めすぎて、肺が圧迫されて呼吸がしにくくなったり、動きが制限されて、小さな動作になったりしてしまいました。その結果、長く・速く歩くことができなくなってしまうという状態になっていました。

     

     

     

    ですので、よく聞くテクニックや、一般的に「これが良い!」と言われていること(脇を締めなさい、腕を大きく振りなさい)に囚われ過ぎると、本来の目的である「速く歩く」という大前提を忘れてしまうことがあります。なので、常にこの「速く歩く」目的を意識し、そのためには「本当にそれって必要なの?」「本当にそれって正しいの?」というようにそのテクニックを疑うことが必要です。

     

     

     

    言うまでもありませんが、一般的なテクニックを当たり前のように使え、誰もが身に付けられていれば、当然ながら誰もが強くなっています。ですが、そうではないのは、やはり前提が間違っているか、その前提の捉え方を間違っているかの可能性が高いわけです。

     

     

     

    例えると、「1+1=2」ですが、

     

    ・「1+1=3(捉え方or答えが間違っている)」や、

    ・「x+1=2(前提が違うor不明確)」

     

    と教えられてしまえば、間違った答えに辿り着いてしまいかねません。

     

     

     

    もちろん正解である可能性もあるのですが、「本当にそれって3なの?」とか、「本当にxは1で正しい?」といった目を常に持っておくことは重要です。

     

     

     

    で、実際にそれに対応するためにどうしたらいいの?という部分ですが、それは、

     

     

     

    「自分でやって試す。そして、結果を検証する」

     

     

     

    しかありません。ですので、これが良いと言われて、自分にもできそうだなーと思えたらまずやってみる。やってみて結果が出たら採用する。もし結果が出なかったら違う方法を試す。それの繰り返しです。

     

     

     

    他の人が上手くいったことが自分にも当てはまるか?といったらそうではなく、その時、たまたま自分にも他人にも当てはまっただけの可能性があります。

     

     

     

    常に可能性を考慮し、結果に焦点を当て、なぜ上手くいったのか?というプロセスに注目していくことです。

     

     

     

    今日は少し自己啓発チックになってしまいましたが、要点をまとめると、

     

     

     

    …秣域と高速域での動きは変化する

    一般的に「これが良い!」と言われているものは本当に良いのかを疑うこと

    自分でやって試す、そして結果を検証する

     

     

     

    以上参考にしてください。

     

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

    コメント
    大型連休お疲れ?さまです。
    水泳の自由型は、上半身と言うより腕の力だけで泳ぎ切るスタイルになったような(キックは重視されない。)
    競歩の場合、大きく腕を振るといってもストライドが伸ばせない以上、腕をコンパクトに早く振ることになるような気がする素人です(笑)
    • 小野ちゃん
    • 2019.04.28 Sunday 02:46
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM