<< 関東インカレの結果と最適な大学選びについて | main | ピッチをあげるための3つのアプローチ方法 >>
2019.06.09 Sunday

効率的なフォームで歩くために最低限意識しておきたい3つのこと

0

     

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

    昨日は練習会でした。

     

     

     

    高校生は東北総体前最後の練習会でしたので、少し強度の高めのポイント練習を行い、最終調整を行いました。

     

     

    特に、今年の三年生はIHへの思いが強く、また、山形競歩練習会の立ち上げ初期メンバーとして1年生から共に活動してきたメンバーでもありますので、ぜひとも全国大会出場を決めていただけたら嬉しいです。

     

     

    これまでやるべきことはやってきたと思いますので、自信を持ち、思い切って戦ってきていただければと思います^^

     

     

     

    では、本日の記事です。

     

     

     

    今日は、私がこれまで様々な試行錯誤をしたり、練習中に色々な意識を持って取り組んできましたが、今もなお練習時に、「やっぱり重要だなぁ〜」と思える意識ポイントについてご紹介したいと思います。

     

     

     

    〇兩をまっすぐにすること

     

     

    1つ目は姿勢をまっすぐにすることです。つまり「良い姿勢」で歩くことです。

     

     

    正しい姿勢とはどういうものか?については「「悪い姿勢」になっていないか?」の記事に書いてあります。

     

     

    競歩動作において、正しい姿勢をで歩くことは全ての動作の基本であり、これが出来ているか?出来ていないか?でフォームの質や動作の効率性が全く異なります。

     

     

    ゆえに、正しい姿勢が作れない(姿勢をまっすぐに出来ない)人は、それだけで大きな損をしてしまうことになってしまいます。

     

     

    また、正しい姿勢が作れない人の特徴として、「筋力が弱いこと」が挙げられます。

     

     

    特に、上半身の筋力が弱く、腕立て伏せや懸垂が極端に出来ない傾向にあります。

     

     

    ボディービルダーの人や上半身の筋力が強いアスリートなどは姿勢がいい人がほとんどですが、これは上半身の筋力が姿勢を支える役割を果たしているからです。

     

     

    上半身がブレてしまえば、地面から得られるパワー失ってしまったり、体に受けた力に耐えきれず、怪我や故障をしてしまうことも考えられます。

     

     

    なので、「意識はしているけど、なかなか良い姿勢作れない!」という人は、正しい姿勢を日頃から意識することはもちろんのこと、合わせて上半身の筋トレにも取り組んでみると良いと思います。

     

     

     

    ⊆蠡はリラックスすること

     

     

    2つ目は手足を脱力することです。

     

     

    足首に力が入ってしまうことのデメリットについては「足首に力が入っていないか?」に書いてありますが、手首や手に力が入ってしまうこともよくありません。

     

     

    特に、「末端部に力が入る」ということは、「小さな筋肉を使っている」ことであり、これだと大きな力が発揮できず、余計に体力を消耗させてしまうことになります。

     

     

    瞬間的に素早く、繊細な動作をするには、末端部の小さな筋肉が活躍するのですが、長時間かつ大きな力を発揮するためには、やはり大きな筋肉が活躍します。

     

     

    ロングやペースウォークでは良い歩きができるのに、スピードを出そうとしたり、流しをするときに力が入ってしまう、という人は、小さな筋肉を無意識的に使ってしまっている可能性がありますので、意識的に脱力し、小さな筋肉の動きを抑制するようにしましょう。

     

     

     

    O咾呂泙辰垢或兇襪海

     

     

    3つ目は腕をまっすぐ振ることです。

     

     

    私がしている腕振りの意識付けとしては「「肩振り」になっていないか?」の記事に書いてありますが、この記事に書いてあるように、一直線上を規則正しく振ることを重視しています。

     

     

    「腕振りで損しているなー」と感じられる選手は少なくありません。その特徴としてよくみられるのは、どうしても腕を大きく振ろうとしすぎていたり、腕振りに対して上体が支えられず、肩振りになってしまい、体全体が左右前後に振られてしまっている状態です。

     

     

    あくまで「腕振り」をすべきであり、その腕振りが「推進力に変換されること」が重要です。

     

     

    単に腕を振れば良いわけではないのと、腕を振れても推進力に変換されていなければ意味がありません。

     

     

    改善方法としては、これも,砲盻颪い討△襪海箸汎瑛諭日頃の意識付けと上半身の筋力トレーニングが良いかと思います。

     

     

    トレーニングの内容としては「故障中にしておきたい3つの筋力トレーニング」を参考に、

     

    ・プッシュアップ

    ・懸垂

    ・ディップス

     

    あたりを押さえておけば、高価なマシンを使わずに、効果的な自重トレーニングができるので間違いないかと思います。

     

     

     

    以上、練習中に最低限意識しておきたい3つのことについてご紹介させていただきました。

     

     

    これらは今もなお、良い歩きが出来ていないな〜と感じる時に振り返り、再確認するようにしています。

     

     

    動きが安定しない時や不調な時ほど、やはり基本を忘れていたり、意識を疎かにした歩きになってしまっています。

     

     

    また、意識だけをしていれば良い歩きができるわけではなく、実際にその動作をするためには、それに伴った体づくりが欠かせません。

     

     

    なので、意識することと同時に、体づくりも重要なトレーニングとして並行して行い、体のレベルをアップデートしていくようにしましょう。

     

     

    また、これら以外にも重要なことはもちろんありますが、今回3つに絞ったのは、この3つが特に重要だと感じているということだけでなく、多くのことを同時に考えすぎても、それぞれの意識が散漫してしまい、返って良くないな〜と感じたためです。

     

     

    選択肢があることは悪くないのですが、「選択肢が多すぎて、返って選べなくなってしまった」という経験が皆さんも一度はあるかと思います。

     

     

    今回ご紹介させていただいた内容については、競歩初心者から上級者まで、もれなく押さえておきたいポイントになるかと思われますので、日頃意識できている方もそうでない方も参考にしていただければ幸いです。

     

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM