<< ポイント練習のタイプ3つと正しい練習の組み方・考え方 | main | 身体が前かがみ(くの字)になってしまう原因と対処法3つについて >>
2019.07.20 Saturday

腰のひねりからストライドを伸ばすアプローチ方法について

0

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

    今日は最近回答できていなかった質問箱の質問に回答したいと思います。

     

     

     

     

    腰を捻る(前後に動かす)ことによってストライドを伸ばしたい、ということかと思います。

     

     

    まず、上下の動きはできているとのことでしたので、腰の乗り込み自体はうまくいっているんじゃないかなと思います。

     

     

    ですので、前後の動きを獲得するためにどのようなアプローチと動作・意識付けが必要かについてお話ししたいと思います。

     

     

    まず、腰が前後に動く原理からお話ししますと、接地時に腰へと乗り込んだ体重を後方へ支え続ける(股関節が進展する)ことによって、腰が後ろに向かいます。

     

     

     

    なので、腰を捻るために必要なポイントとしては、

     

     

    ‖僚鼎両茲蟾み(腰が上下に動く)

    体重の支持(腰が前後に動く)

     

     

    が重要で、この2つがしっかりと行われることで、結果としてのひねり動作が生じることになります。

     

     

    原理が分かったところでは、なかなか行うのは難しいと思います。

     

     

    ここで、腰のひねりを行い、ストライドを伸ばすために重要なポイントを2つお伝えします。

     

     

    々・股関節の脱力

    股関節の内転動作

     

     

    1つ目は「腰と股関節の脱力」です。

     

     

    脱力するポイントについては、以前の記事「支持動作における筋の緊張と脱力について」にも書きましたが、しっかり脱力すべきところで脱力ができていないと、本来行われるはずの動作が行われなくなってしまいます。

     

     

    質問者さんが腰を前後に動かせなくなっている原因の1つとして、筋肉自体の硬さも考えられますが、それ以上に、不必要に腰を捻ろうとして、返って腰が動かなくなってしまっていることです。

     

     

    私自身も、腰を動かすことが大事だと言われ、そう思って、必死に動かそうとしている時期がありました。

     

     

    しかし、動かそうと思えば思うほど、腰は動かないし、歩きにくくなるし、速くは歩けないし、、、で何1つ得られるものはありませんでした。

     

     

    必死になって腰を動かそうと思えば思うほど、腰・股関節周りに緊張が発生し、ますます動かなくなっていきます。

     

     

    ですので、腰は動かそうとするのではなく、前回の記事のポイントと上記で書いた動作ポイントを意識を参考にし、まずは、緊張させることは一旦置いておいて、脱力する部分だけ意識してトレーニングするのが良いのではないかと思います。

     

     

     

    2つ目は「股関節の内転動作」です。

     

     

    腰の内転動作については今まで触れてきませんでしたが、重要な部分になりますので、押さえていただきたいポイントです。

     

     

    腰の内転動作とは、足が内側に向かう動作のことで、図にするとこのような動作になります。

     

     

     

     

    接地前に太ももが前に振り出されますがその際に、股関節の内転動作が必要になります。

     

     

    股関節の内転動作を行うと、

     

     

    ・支持脚の安定性向上

    ・反発力が逃げにくくなり、大きなパワーを得られやすくなる

    ・体重の乗り込みがしやすくなる

     

     

    というメリットが得られますが、内側に入りすぎると、膝や腸脛靭帯へのダメージを大きく受け、怪我や故障につながりますので注意が必要です。

     

     

    本来競歩は、この内転動作をすることで、腰への乗り込みをしています。

     

     

    ただ、無意識的に行なっている方も少なくありません。

     

     

    なので、意識的に行い、足が内側に入りすぎていないか?逆に外側に逃げすぎていないか?を日頃から一本の直線上などを歩くなどして確認しておくと良いでしょう。

     

     

    以上、腰へのひねり動作へのアプローチとしての方法についてでした。

     

     

    今行っていただいているストレッチについては、引き続き行っていただいて、動きづくりについては、基本的に獲得したい動作の分割や強調による意識付けでしかないので、質問者さんが動きづくりをやるときと同じくらいのスピードで、上記で説明した動作を意識して行うと良いと思います。

     

     

    以上参考にしてください。

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM