<< 緊張を上手く活用するための方法 | main | ダイエット「食事編」 >>
2019.12.28 Saturday

競歩の判定とルールについて

0

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

    24日〜27日まで、東北地区のU19の強化合宿に指導者として参加させていただいておりました。

     

     

    経験も浅く、指導者として実力はほぼ皆無である私を、僭越ながらこのような合宿の指導者として呼んでいただいた事に感謝申し上げるとともに、東北の高校生とともに合宿できたことを嬉しく思います。

     

     

    ただ、自身の説明力が不足しており、選手に上手く伝えられなかったなと感じる部分があったり、限られた時間の中で、個人個人の踏み込んだ部分の指導まで行き届かず、もどかしい気持ちの中、4日間が終了してしまいました。

     

     

    正直なところ、もっと伝えたかったなと心残りな気持ちがあります。

     

     

    そういった部分も含め、自身にとって新たな経験と、課題を見つけることができ、非常に良い経験となりました。

     

     

    合宿に参加したから強くなれるわけではありませんが、何か1つでも強くなるきっかけを与えられていたら良いなと思います。

     

     

    では、本日の記事です。

     

     

    今日は「競歩のルール」についてお話ししたいと思います。

     

     

    今回は、ロスオブコンタクト(浮き)、ベントニー(膝曲り)といった、基本的な部分はさておいて、

     

     

    審判から受ける「注意」と「警告」の違いと、また、「よくある間違い」について、確認も含めて書いていきましょう。

     

     

    ●黄色パドル(注意)

     

     

     

     

    これは審判が持っているパドルのことで、注意とも呼んだりします。

     

     

    これを審判が提示するのは、選手が「競歩の定義に完全に従ってはいないと判断したとき」です。

     

     

    一人の審判は、一人の選手に対し黄色パドルを「ベントニーおよびロスオブコンタクトはそれぞれ一回まで」しか発行できません。

     

     

    要するに、同じ審判から、同じ種類の黄色パドルを2度出される事はない、ということです。

     

     

     

    ●赤カード(警告)

     

     

     

     

    続いて赤カード(警告)についてです。

     

     

    赤カードは「違反が認められたとき」に発行され、上記のように掲示板にベントニーは「く」、ロスオブコンタクトは「w」と表記されたカードが貼り出されます。

     

     

    審判は一人の選手につき、「ベントニー、ロスオブコンタクトのいずれか一回まで」しか赤カード発行できません。

     

     

    要するに、一人の審判から2枚の赤カードが発行される事はなく、例えばベントニーで違反と判定した場合、ロスオブコンタクトについては、違反を出すことはできなくなります。

     

     

    赤カードについては、黄色パドルと異なり、審判から直接本人に提示される事はないため、掲示板に掲示されることによってのみ、把握することができます。

     

     

    また、皆さんもご存知かと思いますが、このカードが3枚(ピットレーンルールの場合は4枚)出されると失格となります。

     

     

    ですので、3人(もしくは4人)から違反を受けなければ失格にはならない、ということになります。

     

     

    そして、ここで注意したいのが、「黄色パドル=違反ではない」ことです。黄色はあくまで注意であり、失格には直結しません。

     

     

    以下の表をご覧ください。

     

     

     

     

    私も意識しているのですが、審判がジャッジする場合には、大まかにこの4つのエリアの中でジャッジしていると考えられます。

     

     

    ここで申し上げたいのが、黄色パドル(注意)と赤カード(違反)の間には、「グレーゾーン」と呼ばれるラインがある、という事です。

     

     

    黄色パドルが出されたとしても、グレーゾーンの中で判定が止まっていれば、警告は発行されず失格には繋がりません。

     

     

    要するに、グレーゾーンまでの範囲であれば、ルール上は何ら問題はない、ということです。

     

     

    ただ、グレーゾーンは審判によってかなり個人差があり、黄色パドルを出したあと、動きに変化が見られなければ即、赤カードを発行するパターンと、あくまで黄色パドルは競歩の定義に「完全に」従っていないとして、注意程度に提示しているパターンがあります。

     

     

    つまり、人によってこのグレーゾーンの大小は異なる、ということです。

     

     

    ですので、必要以上に黄色パドルに恐れる必要はありませんが、安心しきるのもまた、よろしくありません。

     

     

    私の場合ですが、黄色パドルはあくまで「完全に従っていない」という意味で出される認識でいますので、あまりにも1周する間に複数の審判から注意を受けるような場合を除いて、そこまで神経質にはなりません。

     

     

    また、競技会によっては、自分が何の違反で赤パドルを出されているかわからない場合があります。

     

     

     

     

    ですので、掲示板に頼りすぎるのは気をつける必要がありますし、「掲示板を見てからフォームを修正する」という考えではジャッジの瞬間と赤カードの掲示までにタイムラグがあることから、時すでに遅しの場合もありえますので、当然ですが、日頃から良いフォーム作りを心がけて行きたいところです。

     

     

    よくある間違い

     

     

    最後に、よくある間違いについて紹介しておきます。

     

     

    赤カードでよくある勘違いが、「黄色パドルを出されていないのに、赤カードが出ていた」と言って憤慨したり、また「黄色パドルが出ていないから赤カードは出ないはずだ」と安心している選手がいますが、赤カードは黄色パドルが提示されていなくても発行することができます。(※推奨事項として黄色パドル提示後に赤カードを出すこととしている。)

     

     

    ですので、前半はフォームが安定していて黄色パドルを出されていなくても、後半でペースアップや疲労による動作の乱れが大きく生じた時には、いきなり赤カードが発行されることはあります。

     

     

    従って、最後まで気を抜かないようにフォームには細心の注意を払う必要があります。

     

     

    よくある間違い

     

     

    もう1つ、よくある間違いをご紹介しておきましょう。

     

     

    ラスト100mの主任による一発失格は、全ての競技会で適用されるわけではありません。

     

     

    基本的には、「日本陸連が主催、もしくは共催している競技会」と「男女混合」のレースのみです。

     

     

    ラスト100mで勝負することを推奨しているわけではありませんが、こういったルールを知らないと、「勝負をかけるべきところがどのタイミングなのか?」や「そもそも勝負をかけても大丈夫な状況なのか?」が不明確となり、知っている人と比較して不利になってしまいます。

     

     

    私自身も、競歩を初めてしばらくは、こういったルールを知らないまま競技をしていました。

     

     

    このように、選手側がきちんと理解できていない部分が多く、ほとんどの高校生などは、ルールブックを読んだりはしないでしょうから、正しい知識を持っている人から直接解説してもらえる機会がないと、正しいルールを認識できない、というのが現状です。

     

     

    これを機会に選手側もきちんと正しいルールを理解し、試合後や試合中に「あれ、そうだったの?」とならないようにしたいところですね。

     

     

    以上参考にしてください。

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

    コメント
    ときおり楽しく読ませていただいております。
    今回の記事で少し気になったのは、審判がイエローパドルを出さなくてもレッドカードを出せるという部分です。確かにルール上はその通りなのですし、選手に向けてだけならばそれで十分かもしれないのですが、審判の方が見ておられるかもしれないことも考慮して、審判ハンドブックでは(例えいきなりレッドの時でも)イエローパドルはできるだけ示す旨が書かれてあることを書いてくださるありがたいと感じました。私も食らったことがありますが、やはりいきなりレッドが出ていると選手としては、いつ?どこで?そんなに今日のフォームはひどい?とかなり動揺しますので。
    あくまで審判をやっていただいているだけで感謝しておりますという前提での話ですが。
    • TT
    • 2019.12.30 Monday 00:07
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM