<< 2019年に買ってよかったものベスト5! | main | 「トレーニングの三大原理と五大原則」について >>
2020.01.15 Wednesday

全ての動作に共通する「基本軸」について

0

     


    今日は私が常に意識している「基本軸」についてお話します。

     


    基本軸とは、身体の中心を通る軸のことで、解剖学的に言うならば「身体の前額面と矢状面が交差した一本の直線」を指します(下図ではZ)。

     

     

     

    Source:Shogo Koba WEB

     

     

    この基本軸は、競歩ではもちろんのこと、その他のどのような動作をする上でも共通します。

     


    例えば、筋トレで腕立て伏せをする場合、この基本軸を崩さないように行わなければなりません。

     

     

     

     


    腕立て伏せを行う際によくあるのが、腰が落ちてしまったり、逆に持ち上がってしまったりする場合です。

     

     

     

     


    これだと、基本軸が直線になっておらず、本来すべき正しい筋トレを行うことができません。

     


    以前の記事「「悪い姿勢」になっていないか?」では、正しい姿勢の作り方のポイントについて書きましたが、これも図を見ると、基本軸が直線になっているのがご理解いただけるでしょうか。

     

     

     


    軸が一直線になっていないと、反発力がもらえず、非効率的になるだけでなく、本来掛かるべきではない部位に負荷がかかってしまい、ケガに繋がる可能性が高くなります。

     


    また、意識して一時的に基本軸を直線にできたとしても、反発力を得るポイントで、軸を維持できず、腰の部分で軸が折れてしまう場合があります。

     

     

     


    こうなると、これもまた同様に、非効率性やケガを招いてしまいます。

     


    ですので、軸が折れないようにするトレーニングも不可欠です。

     


    で、軸が折れないようにするトレーニングというと、体幹トレーニングがありますが、フロントブリッジやサイドブリッジといったものは、あまりおすすめしません。

     


    というのも、これらの体幹トレーニングは、あまり実戦的ではないからです。

     


    このような体幹トレーニングだと、負荷が小さい上、実際の動きとかけ離れた部分が多く、トレーニングのためのトレーニングになりかねず、思ったようなトレーニング効果を期待できません。(しかし、初心者や故障中の選手、筋力が弱い選手などには、補助トレーニングや初歩段階のの1つとして取り入れるのはよいかと思います。)

     


    で、私が基本軸をしっかりと作るために、みなさんにおすすめしたいのは、

     


    々・股関節、腹部周辺といった身体の中心部の「筋力」トレーニング
    日常生活からトレーニング中まで、「常に基本軸を意識」するこ

     


    の2つです。

     


    ,埜世い燭い海箸蓮体幹トレーニングのように姿勢を維持するトレーニングではなく、筋力トレーニングのように回数やセットで行い、「筋力を上げるトレーニング」を行いましょうということです。

     


    姿勢を維持できないのは、維持する技術や力がない、というより、単に筋力が不足しているため」です。

     


    なので、体幹トレーニングのような低負荷なトレーニングでわざわざ遠回りするのではなく(故障中などを除いて)、筋力トレーニングで体幹部分の筋力を強化しよう、ということです。



    △砲弔い討蓮▲肇譟璽縫鵐庵罎呂發舛蹐鵑里海函日常生活でも常に基本軸を維持しましょうということです。

     


    例えば、日常の歩行、椅子に座っているとき、授業中、テレビを見ているとき、寝るとき・・・など、一日中は不可能だとしても、意識しうる範囲で常に基本軸を維持し続けることです。

     


    そうしないと、現代の社会環境と日本人の先天的な猫背傾向の骨格から、気付かぬうちに基本軸が曲がり、猫背になってしまいます。

     


    ですので、日頃の意識から基本軸を意識して姿勢を整えるだけでなく、筋力トレーニングでも、姿勢を崩さないためのアプローチをとることが必要です。


    基本軸を維持し、身体の中心部に力を集めることができれば、「身体の真ん中は動かないのに、腕と足だけ動いている」という状態を作ることができます。

     


    そうなると、地面からの反発力を効率的に推進力に変換でき、身体から発生する無駄な動作や力みが軽減され、エネルギー効率的に良い動作を獲得することができます。

     


    こういった動作を獲得することができてくると、

     


    ・力をそんなに使っていないのに前に進む
    ・地面からの反発力を感じる
    ・歩いているのが楽しい

     


    といったような感覚を得られると思います。
     

     

    以上参考にしてください。

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM