<< 全ての動作に共通する「基本軸」について | main | 世界クラスの選手84人から分析した「20kmトップ選手に共通していた4つの要素」について >>
2020.01.28 Tuesday

「トレーニングの三大原理と五大原則」について

0

     

     

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

    今日はトレーニング効果を高めるための基礎知識である「トレーニングの三大原理」と「トレーニングの五大原則」についてお話ししたいと思います。



    ●トレーニングの三大原理  

     


    _疉蕾戮慮桐

     


    過負荷の原理とは、「一定以上の負荷を与えないと筋力は上がらない」ということです。

     


    通常歩行やストロールだけでは強くなることができません。

     

     

    インターバルや距離歩を行い、普段かかっている以上の負荷をかけることで、筋力や持久力が強化されます。

     


    可逆性の原理

     


    可逆性の原理とは、「トレーニングをやめてしまえば、徐々に筋力は失われる」ということです。

     


    また、筋力が失われる速度は筋トレをしていた時間に比例します。

     

     

    例えば、短期間のトレーニングで得た筋肉は失われるのも早く、長い期間をかけて鍛え続けた筋力は失われる速度も遅くなる、ということです。

     


    ただ、ここで気を付けていただきたいのが、トレーニングをやめてもすぐには筋力は失われない、ということです。

     

     

    ケガや風邪で一時的にトレーニングを休まなければならない状況では、早めにやめておくべきです。

     


    中途半端な状態で、中途半端な質の練習を行っても、効果が期待できないことは目に見えています。

     

     

    また、怪我や風邪が長引けば、トレーニング復帰までの期間が長くなってしまうので、最終的に良い結果は期待できないでしょう。

     


    F丹枩の原理

     


    特異性の原理とは、「トレーニングした部位にしか効果は得られない」という原理です。

     


    歩く練習をしていても、投げる力が向上しないのと同じように、歩く力を鍛えたければ、歩く練習を、投げる力を鍛えたければ投げる練習を行わなければならない、ということです。



    ●トレーニングの五大原則  

     


    〃兮垣の原則

     


    継続性の原則とは、「継続することにより身についていく」ということです。

     

     

    強くなるためには、継続が欠かせない要素であるのは皆さんもご存知のとおり、言うまでもありません。

     

     

    過去の自分のデータをもとに継続の重要性を示してみた」では継続の重要性を、「習慣化するための3つのポイント」では継続するためのポイントについて書いてあるので、参考にしていただければと思います。

     


     ∩何弊の原則


    漸進性の原則とは、「筋力・練習量の増加に合わせて負荷を徐々に増やさなければ、さらなるレベルアップは見込めない」という原則です

     


    ただ、「とにかく練習量を増やさなければ!」という思いが先行し、負荷や量を増やしすぎるのもまた、ケガや達成できなかったときの自信喪失に繋がるので、気を付けたいところです。



    意識性の原則

     


    意識性の原則とは、「トレーニングの目的を理解することや、鍛えている筋肉を意識することは、何も意識しないより効果が高くなる」という原則です。

     

     

    身体の構造を知っておくと何かと役に立つ」に書いたように体の中の構造を理解したり、本や人の話を聞いて、見聞や視野を広げることは、トレーニングの目的を理解し、質を高めることに繋がります。

     


    また、一見意味のなさそうに見える練習や行動は、もしかしたらあなたが真の目的を理解することができていないだけかもしれません

     


    そこには実力を伸ばす鍵が隠れているはずです。

     


    チ缶明の原則

     


    全面性の原則とは、「ある要素を向上させるためには、他の要素も向上させなければならない」という原則です。

     


    例えば、歩いて下半身に負荷を掛けたなら、懸垂や腕立て伏せをして、上半身にも負荷をかける必要がある、ということです。

     


    一部分のみのトレーニングでは、身体全体のバランスが偏って、ケガに繋がったり、効率的な動作ができなくなります。

     


    私の場合は、上半身の筋トレを行う際も、ディップスや腕立て伏せ(押す動作)と懸垂(引く動作)の両方向から腕周りの筋トレを行い、多面的に鍛えるようにしています。

     

     


    以上、トレーニングの三大原理と五大原則についてでした。

     

     

    この三大原理と五大原則はかなり有名なので、すでに知っている方や聞いたことがある方も少なくないと思います。

     

     

    ただ、基礎でありながら非常に有用なノウハウなので、確認も含めてあえて取り上げさせていただきました。

     

     

    ほとんどのトレーニングというのはこの原理原則から考えるべきであり、回帰しなければなりません。

     

     

    また、私自身もそうですが、アスリートが陥りがちである、

     

     

    ・練習をしてなければ弱くなる

    ・きつい練習をしなければ強くなれない

     

     

    といった思い込みが半分正解でありつつ、半分間違いであることがこの原理原則からも分かると思います。

     

     

    私自身も、何気なく普段通りトレーニングしているとこれらをつい忘れたり、抜けてしまっていることがあるので、これを機に再度意識を改めてトレーニングに励みたいと思う所存であります。

     

     

    あと補足ですが、原理と原則って何が違うの?と思った方もいらっしゃったと思いますので簡単に解説しておきます。

     

     

    「原理」は身体に起こる現象のことを指します。

     

     

    要は、身体の生理学的な反応であり、自らの意思では変えることができない部分です。

     

     

    そして、「原則」は、効果を高める上で守るべき行動のことを指しています。

     

     

    この部分は、皆さんの意識や行動によって変えられる部分ですので、積極的に取り入れ、効果的なトレーニングをしていただければと思います。

     

     

    簡単ですが、こんなところで。

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM