競歩向きの体型とは?という研究について

  • 2020.02.21 Friday
  • 20:00

 

 


「競歩向きの体型とは?」ということについて調べた研究が面白かったのでご紹介します。

 


対象は、20kmに出場したアメリカの男子競歩選手24人で、体型及び体組成とパフォーマンスとの関係を分析した模様。

 


研究の結果、高パフォーマンスを発揮した選手は以下の特徴があったそう。

 


々眇板垢覗蕕桟拭奮井葉型体型)
 BMIが低い
 上腕三頭筋付近の皮下脂肪が少ない
 ぢ臑楾径が小さい

 


例えると、日本人選手では富士通の荒井選手や、

 

 


海外では、ロシアのボルチン選手

 


といった選手がその体型に非常に近いです。

 


要は、身長が高くて細身の選手。

 


もし今競歩に転向を考えていて、似たような体格を持っているのであれば、競歩に挑戦してみる価値はありそうです。

 


い梁臑楾径の大きさを調べるのは難しいですが、,鉢◆加えてについても計測器具があれば比較的容易に計測できます。

 


ですので、競歩選手をスカウトしたい場合なども、指標の一つになるのではないかと思います。



とはいえ、身長がそこまで高くなくてもトップ選手は多数いますので、あくまで、「低いよりは高い方が有利かも?」くらいで捉えておくのが良いでしょう。

 


ただ、BMIを低く保ったり、腕周りに脂肪がつかないための上半身のトレーニングはしておいた方が良さそうですね。


 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

 

 

◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

 

 

↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM