<< 「前脛骨筋が張ってしまって痛い!」への対処法について | main | 競歩の恥ずかしさ対策のための7つのテクニック >>
2020.05.10 Sunday

指導者がいない場合にフォームの良し悪しを確認するには?

0

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

    本日、山梨学院大学でコーチをされている柳澤さんのWEB講習会に参加させていただきました。

     

     

    今回は「心拍数を活用したトレーニング(基礎編)」というテーマで有意義なお話を聞くことができました。

     

     

    質問にも丁寧にお答えいただき、とても勉強になりました。

     

     

    レベルアップを目指す大学生や高校生には、ぜひとも聞いていただきたい内容でした。

     

     

    今後も開催する予定があるそうなので、皆さんもぜひ参加してみて下さい。

     

     

     

     

    では本日の記事です。

     

     

    本日も質問箱に回答していきたいと思います。

     

     

     

     

     

    確かに、1から競歩をはじめる際に、指針となる動きを教えてもらったり、フォームを指摘してもらえる指導者がいない、というのは競歩競技の特性上、悩ましい部分であると思います。

     

     

    私自身も競歩をはじめたばかりの頃は、競歩の指導者がいなかったので、先輩や大会で歩いている選手の動きを真似したり、YouTubeでトップ選手の歩きを見て学んでいました。

     

     

    また、「良い動きだなあ」と思った選手の動きを参考に、練習中の自分の動きをビデオで撮ってもらい、「どこが違うのか?」を自分で徹底的に研究していました。

     

     

    ですので、単に指導者がいないからといって、試行錯誤をすることをやめたり、難しいといって諦めるのは、質問者さんの可能性を狭めてしまうので、非常に勿体ないと思います。

     

     

    だた、競歩の指導者不足は私も痛感しており、多くの選手が独学と感覚で練習をしていることかと思います。

     

     

    これもある意味(指導者がいないから競歩に挑戦するのをやめておこうとか)、非常に勿体ないことだと思っています。

     

     

    なので、自分の頭で考えることを前提に、「定期的にどこかで自分のフォームを見て、フィードバックをもらえる(チェックしてもらう)機会を作ること」はあるに越したことはありません。

     

     

    ですので、学校内に経験者が全くおらず、フォームの良し悪しを確認できる人がいなければ、以下のような方法を試してみて下さい。

     

     

    ‖膕颪膿拡修鬚靴討い真佑吠垢い討澆

     

     

    競歩の大会に出れば、必ず審判をしている方がいます。

     

     

    その人に、「今日のフォームはどうでしたか?」「もし良ければ見ていただけませんか?」と思い切って聞いてみることです。

     

     

    このとき、試合中の動画を友人や家族に撮影してもらっておきましょう。

     

     

    「審判の人が誰で、どこにいるかわからないよ!」という場合は、審判をしている方の名前は大会のプログラムに載っていますので確認してみてから行きましょう。

     

     

    それから大会の本部に行き、「競歩審判の方(〜さん)はいらっしゃいますか?」と聞いてみれば、案内してくれると思います。

     

     

    ただ、ジャッジに携わっていた審判の方も悪くありませんが、できれば「主任」を任されていた審判の方に聞いてみると、より良いフィードバックがもらえる可能性が高いでしょう。

     

     

    競歩主任を任されるような人の場合、何らかの形(選手や長い審判歴)で強く競歩に携わっている可能性が高く、フォームを見る目もあることが予想されます。

     

     

    近くの大学・高校で、競歩をやっている選手を探す

     

     

    2つ目は近くの大学、もしくは高校生で競歩をやっている人を探すことです。

     

     

    大会などで参加している選手と繋がってみましょう。SNSで声をかけてみるのも良いと思います。

     

     

    もし、一緒に練習ができるのであれば、一緒に練習できるようお願いしてみてはいかがでしょうか。

     

     

    競歩をやっている選手同士でフォームをチェックし、フィードバックしあうのも1つの手です。

     

     

    指導者という形でなくとも、競歩経験のある他の人に見てもらうと、自分の考えとは異なった視点でアドバイスがもらえると思います。

     

     

    SNSに投稿してアドバイスをもらう

     

     

    3つ目は、SNSに自分のフォームを投稿してみて、みんなにフォームをみてもらうという手です。

     

     

    SNS上には多くのトップ選手や国際審判の方もいらっしゃいます。

     

     

    一度だけでなく、何度も投稿しているうちに、運が良ければ良いアドバイスがもらえるかも知れません。

     

     

    また、私のツイッターのDMや、Facebookのメッセンジャーから直接動画を送っていただければ、ちょっとしたアドバイスができるかも知れませんので、もし良ければ送ってみて下さい。(遅くなる可能性あり)

     

     

    以上、指導者ががいない場合にフォームの良し悪しを確認する手段を紹介させていただきました。

     

     

    個人的には、,諒法が一番おすすめですが、今この状況では大会の開催がほぼ皆無なので、△が得策ではないかと思います。

     

     

    あとは、以前の記事で書きましたが、指導者がいることはメリットがある反面、デメリットもあり、選手の思考や考えの幅を制限してしまうことがあります。

     

     

    ですので、質問者さんにはぜひ指導者がいないことをネガティブに捉えるのではなく、いないことのメリットを享受しながら、レベルアップを図ってもらえたらと思います。

     

     

    以上、参考にして下さい。

     

     

    現在、オンラインタイムトライアルの参加者を募集しております。

     

     

     

    ↓詳細な内容についてはこちら↓

     

     

    【オンラインタイムトライアル】

    6/18~21実施予定のオンラインタイムトライアルについて、以前周知させていただいた内容を変更いたしました。

    最新版の要項を記載致します。
    主に申込方法に変更がございます。

    皆様のエントリー、まだまだお待ちしております!! pic.twitter.com/ad8NWnynXm

    — 山形 競歩 (@yamagata_rw) May 10, 2020

     

     

    ぜひご参加ください。

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM