<< タイムトライアルで好タイムを出すための戦略を考えてみる【暑熱順化編】 | main | 高校時代から変わったこと、変わってないこと >>
2020.06.22 Monday

オンラインタイムトライアル結果

0

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

    大変お待たせいたしました!オンラインタイムトライアルの結果です。

     

     

    タイムトライアル総合

    自己ベスト達成率ランキング

     

     

    結果として最終的には99名の出場となってしまいましたが、このように多くの選手がご参加下さったこと、また出場という形ではなくとも、企画を盛り上げるためにPR活動や広く周知していただいた方々など、本当に多くの方々のご協力をいただきました。

     

     

    朝日新聞さんで取り上げていただいた中にもありましたが、最初は50人くらい集まれば上出来かなーと思っていました。

     

     

    が、まさかこんなに大きく取り上げていただいたりと、規模としてもこれまで大きくなるとは夢にも思っていませんでした。

     

     

    最初は企画立案者の三澤さんのこの一言から始まりました。

     

     

    「山形競歩主催でオンラインタイムトライアルやってみない?」

     

     

    立案当初は「東北だけでやってみる?」という話だったのですが、「せっかくなら全国でやっちゃおう!」ということになり、このような形になりました。

     

     

    新型コロナウイルスの影響を受けて、地域によってはほとんど練習できていない選手も多かったと思います。

     

     

    また、コロナウイルスの最中にこんな企画立ち上げて大丈夫?という社会的に向けられる目の不安もありました。

     

     

    しかし、実際に実施してみて、高校生だけでなく本当に多くの方がインターハイ中止にショックと衝撃を受けており、またその中で何かしたい!と協力的に今回の企画に携わってくださった方ばかりだったことはとても驚きでした。

     

     

    また、多くの参加者の方々からありがたいお言葉をいただきましたので、一部紹介させていただきます。

     

     

    ・モチベーションの向上に繋がりました。またこのような企画があればぜひ参加させていただきます。

    ・素晴らしい企画有難うございました。

    ・自己ベストではありませんでしたが、自分の思った以上に速いタイムで歩けたのでとても元気が出ましたー!

    ・今日の自分の高校引退試合を楽しみにしていたし、力は出しきりました。素敵な大会をありがとうございました!

    ・山形競歩さんの、競歩のイベント企画や魅力発信、普及活動などなど、応援しております!

    ・やっぱりレースという刺激は大事だなと思いました。このような企画ありがとうございました。

    ・久々にレースモードで歩くことが出来てやり切った感があります。秋もレース無さそうですので、また開催してくれると嬉しいです。

    ・とても楽しかったです。全国の競歩仲間と一緒に歩いている気分でできました。ありがとうございました。

    ・自己ベストとは行きませんでしたがいい刺激になりました。ありがとうございました。

     

     

    他にも多くのありがたいお言葉をいただいており、本当に今回の企画をやってよかったなぁと山形競歩一同しみじみと感じております。

     

     

    また、不完全な部分が多く、参加者の方々に多大なるお手数をおかけしてしまったことは言うまでもありません。

     

     

    もう少し記録の集計方法や皆様と連絡を取れる良い方法があったのではと反省点も多々あります。

     

     

    ですが、そんな中でも不満1つと言わず、楽しく参加してくださった方には感謝しかありません。

     

     

    改めまして、この場を借りて感謝申し上げます。

     

     

    本当にありがとうございました。

     

     

    そして、新たな企画として元オリンピック選手の横田さんをはじめとする方々が「中高生のためのバーチャル中長距離陸上大会」としてこのような取り組みを始めているようです。

     

     

    バーチャレ、とてもおもしろそうです。

     

     

    競歩だけでなく、中長距離走の選手も同じように実施可能だと思いますので、さらに大規模な企画としてこの大会がどのような内容になるのか非常に楽しみですね。

     

     

    そして、今回参加された方々は本当にお疲れ様でした。

     

     

    普段であれば行わないであろう「一人タイムトライアル」という制限がある中で、練習も積めていなかった選手はかなり苦しいTTになったかと思います。

     

     

    これを機にまた競歩に取り組んで行こうと思ってくださった方、これを機に引退となる方など様々いらっしゃると思いますが、今回のオンラインTTがいい思い出になったなーと思ってくださればいいなと思います。

     

     

    最後に、企画の立案からタイムの集計と結果、さらに山形競歩アカウントの更新を担ってくださった三澤さんに感謝したいと思います。

     

     

    ありがとうございました!

     

     

    また、Twitterやフェイスブックでもアップしましたが、私自身のTTの内容と結果についてまとめた動画をYouTubeにもアップしたので、もし良ければ見てやって下さい。

     

     

     

    また、先日は日刊スポーツさんの記事に掲載していただきましたので、こちらもご覧いただければと思います。

     

     

     

    これにて山形競歩オンラインタイムトライアル終了です!

     

     

     

     

    本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM