試合前の食事で気を付けていること

  • 2017.06.08 Thursday
  • 20:58

 

 

 

 

明日から個人選手権が始まるようですね。

 

 

 

 

 

少しマイナー感がありますが、インカレに次ぐ学生タイトルの1つであります。

 

 

 

暑くなってきたこの時期に、持ちタイム以外での力が問われることになる、この大会。

 

 

 

夏レースを制する者が勝つといっても過言ではないこの個人選手権は、

 

 

 

ある意味おもしろい大会なのではないか、と思っています。

 

 

 

昨年大会の優勝者として、今年はどうなるのか非常に楽しみにしています^^

 

 

 

スタートリストを載せておきます。

 

男子 91600

女子 101520

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

前回の記事では寮生活中の食事について書きました。

 

 

 

当時は、一年目ということもあり、自分の周りのことをやるのに精一杯でした。

 

 

 

率直な私自身の気持ちとして、家事や食事にかける時間は極力少なくして、

 

 

 

他のことに時間を回したい、という思いが強かったです。

 

 

 

今回、コメントくださった方はある選手の親御さんからでした。

 

 

 

なので、当時、私自身が親にしてもらえたら助かったなーと思うこととしては、

 

 

 

調理済みの食材をタッパーやジップロックに入れて送ってもらえると

 

 

 

寮のルールを突破できるうえ、レンジで温めるだけで料理が完成するため、

 

 

 

非常に簡単かつ、手軽に食事が取れるのではないかと思います。

 

 

 

ほとんどの大学生は、極力食事を節約して、遊ぶお金に回したいと思いますし、

 

 

 

私のようなめんどくさがり屋な人にとっては、そのような支援があると非常に助かります。

 

 

 

また、栄養的な部分も考えてやると、

 

 

 

よりよいマネジメントをしてあげられるのではないでしょうか?

 

 

 

では、今日は昨日に引き続き、

 

 

 

「試合前の食事について気を付けていること」について書いていきます。

 

 

 

試合前の食事で、私自身が気をつけていることとして

 

 

 

食べ過ぎない

脂っぽいヘビーなものは避ける

 

 

 

2つが主になります。

 

 

 

私は、試合の前日に、和定食を食べることが非常に多いです。

 

 

 

全体的にヘルシーである上、胃にかかる負担も少ないので

 

 

 

次の日に胃がもたれたり、身体が重くなることもほぼありません。

 

 

 

私自身が前日、食事を食べる際に大切にしていることは

 

 

 

胃へのダメージを小さくする

 

 

 

ということです。

 

 

 

消化という活動は、自分が思っている以上にエネルギーを消費しています。

 

 

 

夜遅くに食事を食べたり、食べ過ぎない方が良いのも、

 

 

 

「寝ている間に胃を休憩させる」という理由があるからです。

 

 

 

よく、試合前などに「カーボンローディング(炭水化物摂取)」といって

 

 

 

たくさんご飯を食べる人がいますが、(かつての私でした)

 

 

 

あまりやり過ぎない方が良いと思います。

 

 

 

正直、10000mのレースを歩くくらいであれば、

 

 

 

ご飯の量はそこまで関係ないように感じています。

 

 

 

前日は少し控えめにしておく、くらいのほうが無難かと思います。

 

 

 

当日は、試合の3時間前に食事をし、水分をなるべく多く摂るようにしています。

 

 

 

量については、お腹いっぱい食べると歩けなくなってしまうので、腹67分目程度に、

 

 

 

もし緊張して入らないようであれば、無理して入れることはしません。(水分だけはこまめに摂るようにします)

 

 

 

特に特別なことはしていないと思いますが、

 

 

 

以上が、私が試合前の食事で意識していることになります。

 

 

 

要は、

 

 

 

食べ過ぎない

脂っぽいヘビーなものは避ける

 

 

 

を主に意識していれば、あとはあまり考えすぎなくても良いのかなと。

 

 

 

以前の記事にも書きましたが、試合前は少し適当になるくらいで良いと思っています。

 

 

 

試合前だからといって変に構えすぎたり、いつもと違うことをやるとあまり良くありません。

 

 

 

自然体で、いつも通りでいること。

 

 

 

これに尽きると思います。

 

 

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
お世話になります。
いつも参考になる記事をありがとうございます。

今回の記事では、主にトラックレース前の食事について触れていらっしゃったと思うのですが、20kmW等の長いロードレースや、ロングの練習の直前は、トラックレースと違った食事の取り方をされるのでしょうか。

私は、5000mW等の短い距離の試合でも、試合前には食事量を増やしてしまうのですが、自分と異なったアプローチの仕方を学ぶことで、今後の参考になればと思い、質問させて頂きました。

ご教授頂ければ幸いです。
  • Tatsuya Tanaka
  • 2017/06/10 12:47 AM
山田さん、こんばんは。
2回にわたり食事の事をブログに書いていただきありがとうございました。
ジップロックに調理済みの食材を送る…など選手目線のご意見、大変参考になりました。
確かに練習後で疲れている時にすぐ食べて疲労回復したいですよね。
子どもと相談しながら、体に良いものを送ってあげたいと思います。

試合前の食事ですが、高校生の頃にお世話になった管理栄養士さんはカーボローディングをすすめる方でした。でも、普段の練習、普段の食事の方が調子が良かったりで、カーボローディングは少し疑問に思っていました。10000mくらいならカーボローディングはあまり関係がないんですね。
さすがに試合前の生ものと揚げ物は避けてましたね。
これから益々暑くなっていくので、暑さとの戦いは避けられませんね。前回の試合では暑さに負けた感じだったので、梅干しを送ってみました。塩分とクエン酸で熱中症予防と疲労回復してくれるといいんですが・・・。

きっと子どもも山田さんのブログを読んでいると思いますので、参考にして自分のペースをつかんで欲しいと思います。

ありがとうございました。
  • 鈴木恭子
  • 2017/06/08 10:11 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM