高校から大学に入って最も大切だと思うこと

  • 2017.06.09 Friday
  • 20:50

JUGEMテーマ:競歩.ウォーキング.など

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

今週の練習会日程です。

6月10日(土)9:30〜
6月11日(日)15:00〜

場所は、あかねヶ丘陸上競技場付近のロードで行います。

なにか質問など何かありましたら、yamagata6racewalk@yahoo.co.jpまでメールください。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

個人選手権男子の結果が出ているようですね。

 

1河岸 良祐 (3)東洋大41:13.16

2盒供]太 (3)早稲田大41:16.82

3大楽 享平 (3)明治大41:29.10

4楜澤 湧希 (4)国士舘大41:32.22

5斎藤 駿太 (2)明治大41:37.92

6檜田 隆宏 (4)福井工業大41:42.64

7森田 靖 (2)龍谷大41:44.05

8中 優介 (1)福井工業大41:44.27

 

 

 

優勝は東洋大の河岸選手でした!

 

 

 

タイムは例年並みでしたが、EKIDEN MANIAさんの速報ラップを見たところ、

 

 

 

先頭のラスト1000mが350秒とのこと。

 

 

 

タイムが正しければ、ハイペースのラスト勝負になったのではと思います。

 

 

 

どんなラストが繰り広げられたのか見てみたかったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

高校生から、大学生になると想像以上に時間に余裕が出るようになり、

 

 


自由な時間や、自由にできることが多くなると思います。

 

 


授業がない日があったり、練習は毎日ではなく、決められた日と時間のみになったり。(大学によって多少異なりますが)

 

 


また、実家を出て、一人暮らしや寮生活を始めた学生は、

 

 


親にいろいろと口うるさく言われることもなくなり、

 

 


より自由になった気持ちになるのではないのでしょうか。

 

 


しかし、大学生になって、これだけ自由になる反面、

 

 

 

責任」というものがのしかかってきます。

 

 


そして自由であるがゆえに、気をつけなければならない大きなことが1つあります。

 

 


それは「自己管理」です。

 

 


私は大学に入学してから、しばらくこれができておらず

 

 


陸上生活において、かなり伸び悩みました。

 

 


というのも、今までやったことのない「生活」の部分を

 

 


「自分の力のみ」で成立させていかなければなりません。

 

 


今まで親に支えてもらっていた生活を、

 

 


自分の力で成り立たせることの大変さを感じるとともに、

 

 


多くの人が、親のありがたみを思い知る瞬間でもあります。
 

 


また、高校から大学に入って伸び悩み、潰れていってしまう選手がいますが

 

 


大きな原因として「自己管理能力不足」が挙げられるのではないかと思っています。

 

 


高校までは勉強や部活のみに打ち込んでいれば良かったのが、

 

 


+αで「生活」というウエイトが選手自身にのしかかり、パンクしてしまう

 

 


という状態になっているのではと感じます。(生活の部分で一度パンクしてしまうとなかなか抜け出せません)

 

 


当然ですが、「生活」という基礎の部分がしっかりしていないと

 

 


陸上で結果を出すのは非常に難しくなります。

 

 


私が思うことは、

 

 


より強くなりたいと思うなら、

 

 


陸上の練習を頑張るのも大切ですが、

 

 


それ以上に、生活の部分での質を上げる努力をすべきです。

 

 


とても大切なことを言いました。笑

 

 


もう一度言います。

 

 


生活の部分での質を上げる努力をすべき」です。

 

 


生活の部分での質が低い人ほど結果が出せていなかったり、

 

 


結果が出ても、それが一度きりで、

 

 


継続的に力が発揮できていない人が多いように感じます。

 

 


ではどのように生活の質を上げるかについてですが、

 

 


これについては、また今後の記事で触れていきたいと思います。

 

 


今回の記事で言いたかったことは、

 

 


・「自己管理能力
・「生活という基礎の部分

 

 


の大切さが分かってもらえたら充分です。

 

 


自己管理に失敗すると、選手一人を潰してしまう可能性がある

 

 


という認識を持っていただけたらなと思います。

 

 


もし、陸上の成績に伸び悩んでいて、

 

 


「生活の部分がおろそかになってしまっているな」

 

 


と感じる人は、その質を徹底的に上げる努力をしてみてください。

 

 


していることが正しければ、

 

 


1か月もすれば、変化を感じられるのではと思います。

 

 


少し意識してみてください。

 

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM