競歩のルールの「本質」を理解する

  • 2017.04.28 Friday
  • 21:46

JUGEMテーマ:競歩.ウォーキング.など

 

 

競歩では、同じ学校、同じ都道府県に強い選手が一人いると、






「周りも強くなる」






という現象が起こります。(特に高校生)






これには理由があります。






それは、その強い選手が基準になる、ということです。






競歩をはじめたばかりの選手は、






どこからどこまでが競歩の






「歩く」






という定義になるのか分かりません。






すると、競歩のルールである、






○ベント・ニー(接地してから地面と垂直になるまで膝が伸びていないといけない)






○ロス・オブ・コンタクト(片足のどちらかが、地面に接地していなければならない)






の2つのルールに忠実に縛られた歩き方になります。






しかし、強い選手はこのルールを上手く守り、






上手く抜け出しています。






ここには「ヒューマンアイ(人の目視)のみの判定」






であることに抜け道があるからです。






要は、審判が見ているポイント(判定基準)さえおさえておけば、






失格から逃れられる、ということです。






一見、走っているように見えても、






違反をとられない選手は、大事なポイントをおさえています。






もし近くに全国トップクラス、もしくは5000mWが20分台〜21分前半クラスの選手がいるならば、よく観察してみてください。






なぜあの選手は速いのか、なぜ違反をとられないのか






という視点で分析してみてください。






次回は「審判が見ている主なポイント」について書きたいと思います。






ありがとうございました。

 

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM