ストロールのペースと位置づけについて

  • 2017.06.15 Thursday
  • 21:10

 

 

 

 

最近、ようやく病み上がりから復活し、

 

 

 

普段通りの練習ができつつあります。

 

 

 

一度風邪を引いてしまうと、練習が止まってしまう上、

 

 

 

体力が低下してしまうので、戻すのにかなり労力を消費します。

 

 

 

また、合わせてモチベーションも下がってしまうので、

 

 

 

みなさんも風邪には気を付けてくださいね^^;

 

 

 

 

 

 

 

今日は、

 

 


ストロールのペースと位置づけ

 

 


について質問がありましたので、お話ししていきたいと思います。

 

 


私自身のストロー(走りで言うとjogのことです)のペースについては、

 

 


大体「7分/km〜8分/kmくらいの間」で行っていることがほとんどです。

 

 


しかし、ストローのペースについては、私自身ほとんど意識していません。

 

 


そして、人によって、本当にそれぞれ違うなと感じる部分があります。

 

 


合宿などで、日本のトップ選手のストローを見たりしますが、

 

 


5分/km前後でやる人もいれば、

 

 


8分/km近く、もしくはそれより遅いペースで歩いている選手も見受けられます。

 

 


私がストローで意識していることは、

 

 


・ペースが上がると意識できなくなるような部分・動きを意識すること


・つなぎ練習としての準備


・身体が固まらないようにすること

 

 


になります。

 

 


その人がストローをする「目的」によって、ペースや時間、

 

 


意識するポイントが変わってくるのではないでしょうか。

 

 


ですので、一概にこれが正しい、ということは言えないように感じます。

 

 


私自身が思っている、ストローにおいて最も大切なことは、ストローが

 

 


目的ではなく手段である

 

 


ということを前提に、

 

 


その先にある目的を見て、行うことではないかと思っています。

 

 


ストローだけでは強くなれないでしょうし、

 

 


だからといってストローが必要ないとも思えません。

 

 


少し曖昧な回答になってしまいましたが、

 

 


参考になればなと思います。

 

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
ストロール(stroll)をストローと略すのは、そろそろ辞めませんか?
ジョグを「ジョ」と略すようなもので、海外では通じません。
  • 杉本
  • 2017/06/15 9:48 PM
とても参考になりました!!
ありがとうございます!
  • 原田崇光
  • 2017/06/15 9:43 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM