自分より実力が上の選手を倒すためには?その

  • 2017.06.23 Friday
  • 20:57

 

 

今週は、風邪の余波なのか、寒暖差の影響なのか、

 

 

 

疲れがなかなか抜けませんでした。

 

 

 

朝起きると、いつもより疲れを感じるので、練習を落としめにして行っています。

 

 

 

また風邪を引いてしまったら元も子もありませんからね^^;

 

 

 

周りでも体調を崩されている方が多いので、みなさんもお気を付けください。

 

 

 

では本日の記事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の記事では、A君、B君、C君の持っている実力幅をこのように示し、

 

 


 

 


私が、自分より「実力が上の選手に勝つために意識していること」についてお話しました。

 

 


今回は、前回の記事の最後に触れた

 

 


隙を突くために意識しているポイント

 

 


についてお話していきたいと思います。

 



ではまず、前回の記事でも書きましたが、

 

 


自分より上の選手を倒したいと思うならば、

 

 


最低でも「A君に対してB君」もしくは「B君に対してC君」ほどの実力がないと

 

 


勝てる可能性は「ほぼ皆無」ということを、前提として理解しておいてください。

 



では、B君の立場として、B君がA君に勝とうとするならば、

 

 


みなさんはどういう戦い方をするでしょうか。

 

 


おそらくですが、多くの人が

 

 


10もしくは11のパフォーマンスを出して勝つレース

 

 


を展開する(している)のではないでしょうか。

 

 


これは前回の記事で書いた「真っ向勝負を挑んでいる人」の典型的な例です。

 



しかし、もし私が、

 

 


B君の立場でA君に勝つためのレース」をするならば、

 

 


このようなレースはおそらくですがしません。

 

 


ではどのようなレースをしていくか?

 



私は、この場合、7以上のパフォーマンスを出そうとはしません。

 

 


むしろ6〜5のパフォーマンスを出す意識と準備をします。

 

 


もし仮に、5〜6のパフォーマンスが出せれば

 

 


可能性としてA君に勝つことのできる幅が、わずかですが残されているからです。

 



しかし、B君にとって5〜6のパフォーマンスは、

 

 


それなりの高パフォーマンスになりますので、準備が必要です。

 

 


では、どのような準備をしていくか?についてお話します。

 



まずは「自分の実力」を上げなければなりません。

 

 


ですが、みなさんが思っているような実力の上げ方とは少し違うかと思います。

 

 


というのも、多くの選手は、実力を伸ばそうとする際にイメージするのは、

 

 


このような形になるのではないでしょうか。

 

 

 

 



実力の最大値を6→8に上げて、より速いタイム・ペースで歩こうとする考え方です。

 

 


もちろん、この考え方も非常に大切なのですが、

 

 


今回の戦略を用いるにあたっては、以下のようになることを私は意識します。

 

 

 

 



お分かりいただけるでしょうか。

 

 


前者は、最大値を6→8と上げているのに対し、

 

 


後者は、最大値は変えず、最低値の部分を2→4に上げている

 

 


ということです。(伸び幅はどちらも同じ)

 



要はこのように、

 

 


実力幅を高い水準で安定させること

 

 


を非常に重視しています。

 



自己ベストが更新できなくても、

 

 


セカンドベスト、サードベストを常に更新(もしくはそれに近いタイムを出)し続けていれば、

 

 


強くなったなと感じられるのではないかと思います。

 

 


この「実力幅を高い水準で安定させること」こそ

 

 


実力が上の選手がレースに失敗した際にできる「隙」を

 

 


しっかりと突いていくために重要なポイントであると思っています。

 

 


では、次回、

 

 


実力幅を高い水準で安定させるために意識していること

 

 


についてお話します。

 

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM