自分の戦える範囲を知ること

  • 2017.06.25 Sunday
  • 21:04

 

 

 

昨日は練習会でした!

 

 

 

メニューは2000m×2+1000×24’30”)のインターバル。

 

 

 

普段しない炎天下の中での練習はかなりしんどかったです^^;

 

 

 

かなりペースを抑えてやったつもりでしたが、

 

 

 

想像以上のダメージがありました。

 

 

 

では、今回は、前回の記事の続き、

 

 

 

実力幅を高い水準で安定させるために意識していること

 

 

 

についてお話していきたいと思います。

 

 

 

タイトルにも書いてありますが、まずは、

 

 

 

自分の戦える範囲(実力幅)を知ること

 

 

 

が非常に大切だと思っています。

 

 

 

というのも、C君がA君であると勘違いしたり、

 

 

 

反対にA君がC君であると勘違い(これはないと思いますが笑)

 

 

 

すると、やはりいいレースができません。

 

 

 

多くの人は、自分より強い選手に勝とうとする時、

 

 

 

どうしても己の限界を超えようとしますが、

 

 

 

思った以上に、これは難しいことです。

 

 

 

一流選手でさえも、

 

 

 

「ここぞ」というときに、かつ「狙って」限界を超えるというのは、

 

 

 

そう簡単にできることではありません。

 

 

 

より勝率を上げるために大切なことは

 

 

 

自分のポジション(戦えるフィールド)を理解し、

 

 

 

できる範囲の中で最高のパフォーマンス発揮する

 

 

 

という考え方が非常に大切なのではと思っています。

 

 

 

そして、以前の記事でも何度か触れていますが、

 

 

 

自分の戦える範囲を知るためには

 

 

 

日ごろからの自分の観察」が特に重要だと思っています。

 

 

 

例えばですが、

 

 

 

・今日はいけると思ったのにうまく行かなかった

・今日はだめだと思ったけど、思ったよりいいレースができた

 

 

 

ということが毎回のように起こってしまっている人は自分の観察不足、

 

 

 

そして、自分の実力がコントロールできていない証拠なのではないかと思います。

 

 

 

つまり、「今日はこれくらいのタイムが出せるだろう」

 

 

 

と思ったタイムと同程度のタイムが出せるようになることが非常に大切です。

 

 

 

これができない人は、練習でも

 

 

 

・今日のメニューはこなせると思ったけどできなかった。

・想像以上に楽にできてしまった。

 

 

 

ということを頻繁に感じているのではないでしょうか。

 

 

 

自分の持っている力と発揮できる力の関係を掴む

 

 

 

という視点で自己観察をしてみてください。

 

 

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM