不調の時ほど意識したいこと

  • 2017.06.29 Thursday
  • 21:55

 

 

今日は、仕事を終えた後、小中学生がメインとなる

 

 

 

「ジュニア駅伝」のコーチの一人として、練習会の方に参加させていただきました。

 

 

 

「走りの技術」というものは、あまり提供できないかもしれませんが、

 

 

 

同じ競技者として、上を目指す中で乗り越えてきたことについては、

 

 

 

共通する部分があると思うので、何か少しでも力になれたらいいなと思っています。

 

 

 

では本日の記事です。

 

 

 

今日は、高校時代の後輩である及川選手(現東洋大)

 

 


から学んだ話について書こうと思います。

 

 


高校時代のときから現在でも、よく彼と語り合ったりするのですが、

 

 


私が大学時代のあるとき、彼がふとこのようなことを言っていました。

 

 


不調の時ほど、不調になる行動をしているんですよねー」と。

 

 


このとき私は、「本当にその通りだなあ」と痛感しました。

 

 


というのも、当時(3年ほど前?)の私はかなり長期の不調に陥っていました。

 

 


不調の波に対して苦しみ、もがいていた反面、

 

 


つまんねえなという思いもあって、様々なことをおろそかにしていました。

 

 


彼は、そんな私に「早く気づけよ」と遠回しに言いたかったのかは分かりませんが、笑

 

 


その言葉は、私にとって、まさに目からウロコでした。

 

 


調子の良い時は、調子の良くなるための行動をとっていることが多いと思うのですが、

 

 


不調になったとたん、私のように、

 

 


今までしていた行動をやめてしまっている人は多いのではないでしょうか。

 

 


しかしながら、彼の言葉通り、不調になったときほど、不調になる行動ではなく

 

 


好調になるための行動

 

 


を意識してとっていかなければならないのではと思います。

 

 


不調になるとモチベーションが下がるほか、

 

 


色々と、いい加減な気持ちや行動になってしまいがちですよね。

 

 


しかし、そこをぐっとこらえて、好調になるための行動を

 

 


好調の時以上に

 

 


していくことが大切なのではないかと思っています。

 

 


誰しもが、いつも好調であるわけではありません。

 

 


しかし、いつも良い成績を出している選手ほど、

 

 


不調にも動じず、毅然とした対応を取っているなと感じます。

 

 


不調から目を背けるのではなく、きちんと向き合い、

 

 


一人でも多くの人が不調の原因に気付き、復活できたらなと思います。

 

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

sponsor

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM