山形IHが始まります

  • 2017.07.28 Friday
  • 18:09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、これから順天堂大学のOB会に参加するため、少し早めの投稿をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


明日から「山形インターハイ」が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


五年前の新潟IHのことを思い出しつつも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私、選手さながらの緊張感と、高揚感を感じております^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


以下が、競歩種目の日程になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


29日 女子5000mW予選
30日 男子5000mW予選・女子5000mW決勝
31日 男子5000mW決勝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日は今回のIHの見どころと、私山田が「勝手に」注目している選手を紹介したいと思います^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まず、女子5000mWは、22分台を持つ選手が3人エントリーされており、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


例年以上にハイレベルの戦いが予想されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、昨年の岡山IHの優勝者である藤井菜々子選手は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エントリータイムも22分19秒41で堂々の一位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


優勝候補の筆頭であると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


また、同じく昨年の岡山IHで7位入賞を果たしており、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エントリータイム22分55秒39である吉田優海選手も、トップ争いに絡んでくると予想されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、22分30秒68でエントリーの新星である阿部麻莉亜選手は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨年度IHに出場していないながらも、今年の群馬県選手権にて22分45秒という好タイムをマーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女も優勝候補であると見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



また、昨年の岡山IH決勝に残った、浅野成美選手三崎綺華選手の二人も、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IH経験者」という点で、一枚上手であると考えられるため、上位争いに絡んできそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


では、続きまして男子5000mWです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年の男子は、昨年に比べ、持ちタイムは多少劣るものの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


平均タイムの高さ」があり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高校生全体のレベル」が上がってきたことを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そのため、誰にでもチャンスがあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どの選手が優勝してもおかしくないと予想しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし、その中でも、有力候補として見ている選手は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨年の岡山IHで8位入賞している住所大翔選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エントリータイムは20分44秒48、兵庫県選手権でも20分台をマークしており、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


安定感経験ともに抜群であると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、彼に続く選手として見ているのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨年の岡山IHのファイナリストである古賀友太選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エントリータイムは20分23秒58でNo.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


福岡県選手権でも20分台をマークしており、非常に力を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


また、古賀選手と同じく大牟田高校の同級生である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


立岩和大選手も20分台を持っており、大牟田高校ダブル入賞が予想されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして最後は、地元山形の後藤彪吾選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


少しひいきして紹介しますが、笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


持ち前の安定感、フォーム、冷静さは随一であると思いますし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何より「私山田がいつも見ている」というお墨付きでございます。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ぜひ頑張ってもらいたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちなみにですが、競歩種目は全日程観戦予定なので、(有給取得済みです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もし山田を見つけましたら、気軽に声を掛けてくださると嬉しいです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


以上、今回の競歩IH種目の見どころ&山田の注目選手でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM