<< 日本選手権 | main | 常にオープンマインドでいること >>
2018.04.12 Thursday

競歩のトレーニングとして走る練習を取り入れるべきか?

0

     

    JUGEMテーマ:競歩.ウォーキング.など

     

     

    みなさんこんばんは。

     


    おサボりの天才、山形競歩ブログの管理人です。

     


    長い冬も終わり、雪も溶け、山形も春らしくなってきました。

     


    近所では少しずつ桜が咲き始め、ランパンでトレーニングできる暖かさになってきました。

     


    最近は、失った体力とスピードを回復させるために日々励んでおり、15kmを5’00”/kmくらいでは歩けるようになりました。

     


    ところで最近、少し嬉しいことがありました。

     


    高畠大会のコース付近でゆっくりとストロールをしていたところ、近所の小学生3人組が、私の隣を真似してついてきました。笑

     


    腕をしっかり振りながら競歩する姿を見て、さすがは競歩の町だなぁと。

     


    100mほどでしたが、笑顔で楽しそうに競歩する小学生を見て、なんだか幸せな気持ちになりました^ ^

     


    「またな〜^^ノシ」と言ってお別れしましたが、少しでも競歩を楽しんでもらえてよかったなと。

     


    未来の競歩選手になってくれることを期待しています。^ ^

     


    では、本日の記事です。

     


    かなり時間が空いてしまいましたが(約4か月前でした^^;)、以前の記事の続きについて書きたいと思います。



    以前の記事では、私なりに感じている「競歩と走力の相関関係」について書き、走力と競歩は相関が高い可能性があることを説明しました。

     


    そして今回の記事では、実際に走る練習を取り入れるべきか?ということについて書いていきたいと思います。

     


    まず、結論から言うと、「走る練習を(場合に応じて)取り入れるべきである」と思っています。

     


    ちなみに、ここでの「走る練習」とは、つなぎ練習としてではなく「走力を高めるトレーニング」であることを前提としてお話しします。

     


    また、「場合に応じて」と書いたのは、走る練習のメリットはあるものの、個人的にはデメリットの大きさも同等(もしくはそれ以上)であるとも考えているからです。

     


    なので、無鉄砲に、ただ走力を高めるトレーニングをすればいい、ということではなく、メリットとデメリットを理解した上で、走る練習を取り入れるべき人と、そうでない人を分ける必要があると思っています。

     


    では、どのような人が走る練習を取り入れるべきで、どのような人が取り入れるべきでないかをお話したいと思います。

     


    まず、「走る練習を取り入れるべき人」についてです。

     


    走る練習を取り入れるべき人というのは、主に「パワー不足を感じている人」です。

     


    体力面において、ハイペースで歩くことができない(流し等でもスピードが出せない)ような人は、根本的な脚の筋力が不足している可能性があるため、走ることによる「脚筋力の強化」が効果的であると考えられます。

     


    競歩の力を高める土台として、スピードと持久力をつけたい場面では、走力を高めることにより、競歩におけるパワーアップが期待できるということです。

     


    そして、反対に「走る練習を取り入れるべきでない人」というのは、歩型違反を取られる(取られやすい)選手です。

     


    というのも、走ることによる最大のデメリットとして、歩型違反のクセが付いてしまうことが考えられるからです。

     


    レースでよく歩型違反を取られてしまうような選手だと、余計に歩型を悪化させてしまいかねないため、今回私が考えている「走力を高めるトレーニング」というのは、あまり効果的ではないと思っています。

     


    したがって、「歩型違反を取られず、歩型水準がある程度高い人」には走力を高める練習は効果的であると考え、

     

     

    違反を取られやすい人」というのは、まず、歩型の修正を優先的に取り組むべきだということです。

     

     

    なので、まずは自分が今、どのような状態にあるのかをしっかり把握した上で、「走力を高めるトレーニング」を取り入れるかどうかを検討していただきたいなと思います。

     


    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM